あなたが購入しようとしているCBDオイルは信用できますか?

CBDオイルを購入する時の注意事項

CBDオイルを手軽に購入できる時代に入ったようですが、同時に粗悪なCBDオイルが世の中に出回っているという事実も否めません。CBDオイルを購入する際、私たちはどのような点に気をつけなくてはいけないのでしょうか?

まず、各CBDオイル製品にバッチの内容が分析されていることを確認してください。
更にそれが公平な視点で第三者機関により実施されていること。

チェックポイントは下記の通り

・GMP認証がなされている
・ISO認証がなされている
・連絡可能なカスタマー・サービスがある

GMP認証

Good manufacturing practices (GMP)は、医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準です。
それらCBD製品の認可やライセンスの管理機関が推奨するガイドラインに従って設けられています。このガイドラインにより、CBD製品が高品質であると同時に、消費者に安全性を保証するため、医薬品・食品メーカーが満たすべき最低条件が定められています。

フェイクCBD

CBDを人工的に合成して製造するのは、比較的簡単であり、利益をもたらしますが、問題がひとつあります。
合成CBDは、効きません。確かに化学的には類似していますが、治療としては使えませんし、危険ですらあります。植物性CBDだけが、CBD唯一の効果的な形態であることは、研究で確認されています。

よいCBDオイルとは?

信頼できるCBDオイル企業を見極める上で大切なことは透明性です。CBDオイルがどう製造されているのか、また製品に含まれる成分内容などを明確にしている企業はそう数多くはありません。ENDOCA社は数多くの品質テストを行っていることが分かる。GMP認証

下記はENDOCA社が実施している品質管理

・ 製造者がGMP認証されている。
・ 各バッチ試験の結果がオンラインで参照できる。
・ 情報に透明性があり、第三者試験機関による分析試験が行われている。
・ 製造者は、原材料から最終製品までの全工程を100%管理している。
・ オーガニックな製造メソッドが採用されている。
・ 消費者の間で信用があるブランドである。

ENDOCA社のCBDオイルは日本正規輸入代理店のヘンプナビで購入できます。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ

出典:ENDOCA