がん予防には免疫力がキーポイント

毎日発生しているがん細胞を攻撃し、がんの発病を防ぐ免疫

がんは、細胞の遺伝子が何らかのきっかけで突然変異を起こしたものです。その突然変異が何回か重なって発がんを引き起こします。ただ、がん細胞ができたとしても、がん組織へ進行しなければ、がんが発病することはありません。突然変異の起きた組織に成長していくとは限らないのです。

その理由のひとつは、免疫監視機構が働くからにほかなりません。体内にがん細胞が芽生えても、多くのさまざまな免疫細胞が連動して働き、がん細胞を攻撃します。がん細胞が発生すると、最初にそれに気づくのはマクロファージです。この情報をいわば司令官であるヘルパーT細胞(リンパ球T細胞のひとつ)に伝えます。情報を受け取ったヘルパーT細胞は、やはりリンパ球T細胞のほとつで、攻撃部隊であるキラーT細胞に「がん細胞を撲滅せよ」と攻撃命令を出します。これを受けて、キラーT細胞などががんへの攻撃を開始するのです。

これ以外に、リンパ球の10%~20%を占めるNK細胞(ナチュラルキラー)も、がん細胞を見つけ出しては時間的余裕を与えずに単独で攻撃を仕掛けます。免疫監視機構が働く前にも、突然変異によって傷ついた遺伝子を修復する遺伝子が働きます。この遺伝子群は、がん細胞をもとに戻したり、自死に追いやったりしてがん細胞を防ぐのです。人間の身体には、1日に3000~5000個のがん細胞が発生していると言われています。にもかかわらずがんを発症しないのは、こうした免疫監視機構の攻撃や修復遺伝子の働きによって、増殖しないまま死滅していくがん細胞が多数あるからなのです。

がん予防には免疫力を高めておくことが不可欠

ただ、これは免疫が正常に働いている場合で、免疫力が低下しているとそうはうまくいきません。修復遺伝子も免疫監視機構もお手上げ状態に陥り、がん細胞の増殖にまかせるがままとなってしまいます。つまり、がんなど重大な病気の予防には、なにより免疫力を高めておくことが重要で、効果も大きいのです。

ただ、そうした免疫監視機構は、年をとるにつれ低下してきます。たとえば、リンパ球T細胞の予備軍は、生まれた時は胸線に1gあたり10億個ありますが、40代には1000万個に減ってしまいます。これは、年をとると胸線が小さくなり、その機能が落ちるからです。修復遺伝子にしても、傷ついた遺伝子が増えれば、すべてを修繕する力はないのです。

がん細胞は誰もがもっています。老衰で天寿を全うした人たちを解剖して詳しく調べてみると、甲状腺、前立腺、子宮に必ず微小がんが見つかるそうです。ただ、正常な細胞ががん化して早期がんとして発見される大きさになるまでに約9年かかります。したがって、その間の免疫力を高めておけば、がん細胞は増殖せず、そればかりか自然消滅する可能性も十分あるわけです。自分の体に備わっている免疫監視機構を高めてあげることこそが、がん予防・再発防止の確かな手段なのです。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)