これを読めば分かる!健康維持に必須の免疫メカニズム

主役は白血球!血液の働きの一つである免疫

免疫とは、細菌やウイルスなどの外敵やがん細胞などから体を守る仕組みと働きのことを言います。最近やウイルスなどが体に侵入してきたときに、そうした外敵と戦い退治して身体を守る働きのことです。この働きは、体内のがん細胞に対しても同じように作用します。免疫の働きは、強弱の差こそあれ、人間なら誰もがもっています。免疫の本体は血液です。血液は、いくつもの役割を果たしていますが、そのひとつが免疫で血液中の白血球が担当しています。白血球が免疫の主役ともいうべき役割を果たしているのです。このため、白血球を免疫細胞とも言います。白血球は骨髄でできるのですが、単独のものを指すのではなく、マクロファージ(大食細胞)、顆粒球は約60%、リンパ球は約35%、マクロファージは約5%を占めています。免疫とは、これら3つの免疫細胞がバランスを保ち、密接に連携しながら正常に働くことではじめて成り立つ、体内に存在する生体防御システムのひとつで、免疫監視機構とも言います。

各段階ごとに、さまざまな免疫細胞が活躍する

私たちの体内の免疫監視機構は、2段階構造になっています。第1段階の免疫の働きは、白血球の中の顆粒球(好中球)とマクロファージが担当します。顆粒球の中でも90%以上を占める好中球は強い貪食能力をもち、ウイルスや細菌を食い殺す力をもっています。マクロファージは、さらに強い貪食能力をもっています。これらの白血球は、いうなれば血液のパトロール隊です。体内を常に巡回し、最近やウイルスなどの外敵を見つけると、すぐに戦って退治します。例えば、けがをして皮膚に傷をつくり、そこから雑菌などの異物が体内に侵入すると出てくるのが顆粒球です。まずは、この顆粒球が傷口に集まって細菌を排除しようとするのです。傷口の膿は、細菌と顆粒球が戦った後の死骸です。顆粒球で処理しきれないと、マクロファージが出てきます。大食細胞というだけに、細菌などと戦う力も強いのです。しかし、相手がとても強敵でこうしたパトロール隊だけでは退治しきれないと、次の手段として第2段階の特殊部隊の出勤を要請します。それが白血球の中のリンパ球(B細胞、T細胞)や、リンパ球の一種であるNK(ナチュラルキラー)細胞で、これらの特殊部隊が顆粒球をサポートして細菌やウイルスなどの外敵と戦います。リンパ球T細胞(Tリンパ球)には、ヘルパーT細胞、キラー細胞、サプレッサーT細胞があります。これらT細胞は、骨髄で生まれたリンパ球のうち、胸線という器官で訓練を受けた、特にすぐれた能力をもつ細胞です。

リンパ球B細胞(Bリンパ球)は、骨髄から直接血中に入り、ヘルパーT細胞の指令により、最近やウイルスなどの異物(抗原)に応じた抗体をつくり、その抗体によって異物を攻撃し撃破します。抗体は、いわば攻撃ミサイルのようなものです。
NK細胞は、ウイルス感染細胞やがん細胞を見つけると、直接攻撃して殺します。つまり、私たちの体にとって免疫細胞は健康に欠かせない役割を担っているということです。いかに免疫細胞を正常に働かせることができるのが病気の予防や風邪・ウイルス予防にも役立ちます。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)