より良いペット生活に!CBDオイルを利用したペットのケア方法

多くの人にとって動物のペットは家族の一員です。多くの人が、ペットが可能な限り最良の生活ができるようにしたいと思うでしょう。実際、ペットが病気になるとき、どんなことが起こるでしょうか?

よくある災難か、それよりも悪い出来事がきっかけで獣医を訪問する必要がある場合、獣医の診察には高額の費用がかかるので、獣医を実際に訪問するか決断しなければなりません。しかし大麻科の植物に含まれるカンナビジオール(CBDオイルとしても知られる)は、人間だけでなく動物にも症状緩和をもたらす天然化合物として有望です。

なぜCBDの治療可能性がこれほど注目を集めているのでしょうか?

注目のカンナビノイド:CBD

CBDはカンナビノイドとして知られる100以上存在する分子の一つです。ほとんどの人が最も有名なカンナビノイドとしてTHCのことを知っていますが、精神活性化作用を持たず、有望な健康効果を持つとして近年ではCBDも注目されています。CBDは、THCを0.2%以下しか含まないように特別に交配された大麻の一種で、さまざまな業界で合法的に利用されている産業ヘンプから簡単に抽出することができます。

ペット用のCBD

CBDに関して実施された臨床試験はありませんが、全ての哺乳類が体内にエンドカンナビノイドシステムを持っていることを研究者が認めています。ですから、人間に対して効果を持つカンナビノイドなら、動物にも良い影響をもたらす可能性があります。

これまで研究で明らかになっていること

カンナビノイド研究の大半が、動物の被験体、特にマウスに対して実施されており、がん、糖尿病、認知症、ストレス、てんかんなどが研究されています。カンナビノイドの効果を調べると、最初にして最適の被験体はマウスであるようです。しかし犬など他の動物関してはどうでしょうか?他の動物にかんする検査を行うニーズが高まってきているのに対して、研究はまだ追いついていませんが、ネット上には多くの情報がありますし、ペットに対するCBDの有効性を実証した消費者による事例も多くあります。

事例で十分なのか?

新しいものを投与するときは、必ず気をつけなければなりません。特に、将来性を見せているとしても薬効を明白に示す法的権限を持たない医療や技術に当てはまります。しかし、財政的支援や研究が国家に妨げられている自然療法と健康の場合は、自分で試してみたい人々にとって事例証拠は十分な保証を提供します。E NDOCAコミュニティのメンバーが、発作を起こした飼い犬にCBDを与えた体験をシェアしてくれました。

犬の発作をCBDが抑制

「私の犬は、理由ははっきり分かっていませんが、発作を起こします。このため、ガバペンチンを多量に飲んでいました。今はガバペンチンをやめ、CBDカプセルを与えています。もう1年以上、発作は起こしていません」幸運なことにこのメンバーの獣医は、投薬を変えることに乗り気で 、飼い犬のマスチフ犬に対する投与について指導することができました。「先生は1mg以上の投与量を与えないようにアドバイスしてくれました。それを守っています」CBDをペットに与えたことのある飼い主は彼女だけではありません。ネットをさっと調べると、CBDがもたらした優れた効果に感謝を示す人々の多さに驚くでしょう。

ペット用CBDの現状

CBDはすでに企業家から注目を集め、さまざまなタイプのペット用CBD入りおやつが販売されています。CBD入りの餌も増えつつあり、繊維、根、葉、オイルなどといった大麻産業の副産物が大量に農家に販売されています。ごく微量のカンナビノイドしか含まないにもかかわらず、家畜に対して定期的与えることで、抗生物質を使用する必要性が徐々に減り、結果的に動物たちが健康になります。

ペット向けにCBDを買うべきか?

CBD企業は一般的に、CBDや製品に関する医学的な主張を行うことができません。したがって、自分でリサーチをして、何が最適なのか試してみることをお勧めしています。

ENDOCAにはさまざまなタイプのCBD製品があり、コミュニティ・メンバーの多くがペットにCBDオイルを与えています。ペットが病気でなくとも、医者とは無縁な生活のためにCBDオイルを毎日少しずつ与えることで長期的な効果を得ることに関心がある人もいるでしょう。そこで、CBD入りおやつを自分で作る方法を教えましょう。メンバーのロザンナ・パンシーノが提供してくれたレシピです。

ピーナッツバター&ハチミツ、CBD入り犬のおやつ

材料
小麦粉      2.5カップ
水        1カップ
ピーナツバター  1カップ
ハチミツ      小さじ2
卵          1個
ベーキングパウダー 小さじ1
CBDオイル      15mg
(このレシピでは99%クリスタルを使うことをお勧めしますが、 CBDオイルドロップスでもできます。3%CBDオイルなら15滴、15%CBDオイルなら3滴です)

これで各ビスケットにCBDが1mg程度になります。自分も食べられるというのが、このビスケットのいいところです!もっと高濃度にしたい場合は、焼けたビスケットにCBDオイルを追加すればいいだけです。とはいえ、ペットに与える理想的なCBD量についてアドバイスできる獣医を見つけておくことをお勧めします。

カンナビス・クリスタル・99%

カンナビス・クリスタル・99%
価格:8,400円 (税込)

CBDオイル ドロップス 300mg

CBDオイル ドロップス 300mg Cannabidiol(3%) 1ヶ月タイプ
価格:4,550円 (税込)

ロウCBDオイル ドロップス1500mg CBD+CBDa(15%)

CBDオイル ドロップス 1500mg Cannabidiol(15%)
価格:23,980円 (税込)

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ