アスタキサンチン成分の驚くべき効果効能

アスタキサンチンの効果効能

アスタキサンチンの生理作用

アスタキサンチンの生理作用として、最も特徴的なのが、抗酸化作用です。動物は、呼吸によりエネルギーを作り出すために、酸素を利用していますが、その際に、酸素が活性酸素に変わります。活性酸素は、反応性が高いために、様々な成分を酸化させます。

体内では、体に侵入した細菌などを殺菌する働きもありますが、余分な活性酸素は体内の必要な成分も酸化させてしまい、体にダメージを与えてしまいます。実際に、老化や認知症、生活習慣病、がんなどの発症に活性酸素が深く関与していることも、多くの研究により明らかになっています。

体内の成分の中で、特に酸化されやすいものは多価不飽和脂肪酸が主な構成要素である、細胞膜です。そのため、細胞膜が活性酸素の攻撃を受けると、細胞そのものがダメージを受け、老化の促進したり、肌荒れなどを引き起こしたりします。

また、活性酸素が細胞内の遺伝子に作用して細胞を癌化させる危険もあります。

細胞膜は多価不飽和脂肪酸が主な構成要素であるため、ビタミンE、β-カロテン、アスタキサンチンなどの脂溶性の成分が、細胞膜の酸化防止に効果があります。その中でも特にアスタキサンチンは、抗酸化作用が強く、活性酸素から細胞を守る力も強いことが明らかになっています。

紫外線、喫煙、ストレス、食生活や生活習慣の乱れによって、活性酸素の生成が促進されることが知られています。また、筋肉を激しく動かす運動をすると活性酸素が多く生成することも知られています。

抗酸化作用のある、アスタキサンチン、β-カロテン、リコピンなどを含む食品を積極的に摂取するだけでなく、同時に、これらの生活習慣にも注意し、紫外線、喫煙、ストレスなどを避ける必要があるのです。

アスタキサンチンを活用するとどういった効能があるのか

老化防止

アスタキサンチンは、強い抗酸化力により、老化の最も大きな原因の一つである活性酸素から、体の細胞を保護する働きがあります。そのため、老化防止に効果が高いと注目されている成分の一つです。

さらに、アスタキサンチンが他の抗酸化物質と異なる点は、アスタキサンチンが脳や目で作用することができるという点です。

目や脳は生命活動を維持するために最も重要な領域であり大変デリケートにできているため、不要なものの侵入を排除する仕組みが大変強固で、目や脳に必要な栄養素以外は入っていくことができません。

ビタミンEやβ―カロテンなどの抗酸化物質も排除されてしまいますが、アスタキサンチンは脳や目にも入り込み抗酸化作用を及ぼすことができるのです。そのため、目や脳の老化防止にも、特に効果を発揮します。

疲労回復

筋肉を使用すると、通常は糖が優先的に使用されますが、長時間運動を続けると筋肉に供給される糖分が不足し、反対に乳酸などの疲労物質が蓄積します。

この状態が、疲労です。エネルギーの供給源としては、糖の他に脂質がありますが、アスタキサンチンを摂取することで、エネルギー源として脂質を優先的に使用することができ、十分なエネルギーが供給できるようになります。

また、疲労物質である乳酸は糖が無酸素状態で代謝される際に生成されますが、脂質をエネルギー源として利用することで、疲労物質の蓄積を抑制する効果もあります。

ダイエット効果

前述のように、アスタキサンチンを摂取することで、筋肉を動かすためのエネルギー源として、脂質を優先的に使用できるようになります。

そのため、脂質代謝が高まり、体脂肪が消費されることで、ダイエットに効果があります。

また、疲労回復にも効果があるため、長時間運動することができるようになり、その点でもダイエットに効果的です。

近年、メタボリックシンドロームや生活習慣病など、肥満を原因とする病気が増加しています。アスタキサンチンは、肥満解消の面からも、これらの疾患の予防に効果的です。

眼精疲労の回復

アスタキサンチンは、他の抗酸化物質と異なり、目で作用するため、特に眼精疲労の回復に効果があります。

ヒトが物を見るときは、眼球の周囲にある毛様体という筋肉が目の水晶体の厚みを変えることによりピントを調節しています。

長時間、目を使用し続け、毛様体が疲労してうまくピントを調節することができなくなった状態が眼精疲労の状態です。

実際に、アスタキサンチンの摂取により、ピントの調節力が改善し、眼精疲労による肩こりや目の症状が改善したという研究結果もあります。

自律神経のバランスを整える

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経は、緊張したときや運動したときなど、心拍数を上げたり、血管を収縮させて血圧を上昇させたりします。

反対に副交感神経は、体がリラックスした状態の時に優位になり、心拍数を低下させ、血圧を下げます。

運動時など、力を発揮するような時には交感神経が働くことも大切ですが、心身ともにリラックスし、疲労を回復するためには、通常の状態では副交感神経を有意な状態に保っておくことが重要です。

アスタキサンチンには、脳神経に作用し、副交感神経を有意な状態にする効果があります。

美肌効果

皮膚の老化の原因の一つが紫外線です。紫外線により、皮膚で活性酸素が発生し、その活性酸素により、皮膚細胞がダメージを受けます。その結果、皮膚細胞の代謝が低下し、肌の張りやつやがなくなったり、シミやシワができたりします。

活性酸素には、複数の種類があり、紫外線により発生する活性酸素は「一重項酸素」と呼ばれるものです。アスタキサンチンは、特にこの「一重項酸素」に対して最も効果があることが明らかになっています。

そのため、アスタキサンチンは、最も効果的に紫外線による活性酸素のダメージを防ぎ、肌をみずみずしい状態に保ってくれます。さらに、アスタキサンチンは、口から飲むだけでなく、直接肌に塗っても皮膚を紫外線のダメージから守る効果を示しますので、化粧品などにも配合されています。

紫外線から目を守る

アスタキサンチンには、紫外線による皮膚のダメージを防ぎ、美肌に効果があることを説明しました。

しかし、アスタキサンチンは、他の抗酸化物質と異なり目で働くことができるため、皮膚の老化を防ぐだけでなく、紫外線により発生した活性酸素(一重項酸素)による白内障や網膜症などの目のトラブルを防ぐ効果も期待されています。

アスタキサンチンを摂取するとどんな予防になるのか

脳の病気を予防する

全体重のわずか2%にしか過ぎない脳ですが、酸素の消費量は他の機関と比べて非常に多く、活性酸素の発生量が多い器官です。

脳には多くの神経細胞が集まっていますが、脳の神経細胞は、一度死ぬとほとんど再生できないと考えられており、年を取ると、記憶力が衰えてくるのは、この神経細胞が減ってきているためと考えられています。

また、近年高齢化が進み認知症患者が増加していますが、認知症も活性酸素による脳細胞のダメージが大きな原因と考えられています。

アスタキサンチンは、活性酸素から脳の神経細胞を守る働きがあるため、脳の老化を防ぎ、認知症の予防に効果的です。

動脈硬化の予防

動脈硬化は、血管の壁に酸化したコレステロールが蓄積し、血管が詰まったり、血管の柔軟性が低下したりする状態です。高血圧を引き起こし、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの原因となります。

さらに、活性酸素が存在すると、コレステロールの酸化が促進し、動脈硬化が進行します。

アスタキサンチンは、その抗酸化力でコレステロールの酸化を防ぐことにより、動脈硬化を防ぎ、脳梗塞や脳出血などの脳疾患や心疾患の予防に効果があると期待されています。

糖尿病の予防

マウスを用いた実験により、アスタキサンチンには、血糖値を低下させるインスリンというホルモンの分泌を促進し、血糖値を低下させる働きがあることが明らかになっています。

さらに、糖の取り込みや脂肪の消費を促進するホルモンである「アディポネクチン」の分泌も促進します。このことから、アスタキサンチンが糖尿病の予防に効果があることが期待されています。

脂質異常症の予防

コレステロールには、動脈硬化の原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)と、LDL脂質を回収する作用をおよぼすHDLコレステロール(善玉コレステロール)の2種類があります。

脂質異常症では、善玉コレステロールの血中濃度が低下し、悪玉コレステロールの血中濃度が増加します。アスタキサンチンの投与により、前述の「アディポネクチン」の分泌量が増加し、善玉コレステロールを増加させることが研究により明らかになっています。

また、アスタキサンチンを摂取することで、体脂肪の成分である、中性脂肪の量も減少することが明らかになっていることから、アスタキサンチンに脂質異常症を予防する効果があることが期待されています。

がんの予防

細胞内の遺伝子がダメージを受けることで、がんの発症のリスクが増大します。体内で発生した活性酸素は、細胞膜にダメージを与え、細胞内に侵入して遺伝子を直接攻撃するため、がんの原因の一つと考えられています。

アスタキサンチンは、抗酸化作用が高く、活性酸素によるダメージから細胞を守る効果があるため、がんの予防に効果があると期待されている化合物です。

その他にも、不眠症の改善、腎障害の予防、加齢臭の防止、アレルギー症状の軽減など、多くの効果が期待され、それに関する研究が進められています。

世界でどのようにアスタキサンチンが使われているのか

アスタキサンチンの、抗酸化作用は日本だけでなく世界的にも注目されています。

日本では、アスタキサンチンはほとんどの場合がサプリメントや化粧品として利用されています。

世界的にも、サプリメントや化粧品に用いられることが大部分ですが、生活習慣病やがんに対する予防効果を示す研究も多いことから、将来的には、新規の医薬品として治療に用いられることも期待されています。

CBDオイルにもアスタキサンチンが配合されている?

カンナビジオールにはアントラージュ効果という、さまざまな成分の相互作用によって優れた治療効果が期待できる作用がある。

その作用を利用し、通常より優れた治療効果を体感できたり、抗酸化作用を引き出してくれるのに役立つのだ。

ブルーバード・ボタニカルズ社製のヘンプブレインパワーCBDオイルにもアスタキサンチンは配合されているため、疾患などへの効果も期待できる。

アスタキサンチンは、その抗酸化性の高さから、最も注目されている生理活性物質の一つであり、多くの症状に効果があることが報告されています。

サプリメントや化粧品として様々な会社から販売されており、手軽に摂取できるようになりました。アスタキサンチンは、今後、さらに研究が進み、利用の幅が広がることが期待される成分です。

CBDオイルの購入はこちら