アレルギー疾患と免疫力の関係が丸わかり!

鼻や目、喉、皮膚、胃腸などアレルギー反応は全身に起こる

アレルギー疾患とは、体を守る免疫機能が体に不利に働き、不快症状があらわれる病気です。

私たちの体にはもともと、体にとっての異物を察知して侵入を防ぐ働きが備わっています。その仕組みを「免疫」と言います。免疫には、ウイルスや病原菌などが体内に入ったときに、それらを人体に好ましくない侵入者と判断して追い出したり、退治したりする働きがあります。この時、体が異物と判断するものを抗原、そして抗原を退治するために体内で作り出される物質を抗体と言います。

このように抗原から体を守るために、体内で起こる一連の反応を、免疫反応(抗原抗体反応)と呼びます。そして免疫には、一度体内に入った抗原の情報を細胞が記憶する仕組みがあります。この働きによって、同じ抗原が再び侵入してきたときに速やかに排除することができます。一度かかったら二度とかからないはしかやおたふくかぜは、免疫のその仕組みの代表例です。

このように人体にとって大切な免疫の働きが、悪い形で働く場合があります。特定の食品や花粉、ハウスダストなど、本来は異物ではないものが抗原とみなされ、免疫反応が起こってしまうのです。たとえば、魚や卵を食べても普通の人は何も起こりません。しかし、ある人の体内では抗原とみなし、それらを排除しようとして下痢や蕁麻疹の症状が起こります。

このように、普通の人の体には影響がない物質が、体内に入ることで起こる様々な反応をアレルギーと呼びます。また、アレルギー反応によって起こる病気をアレルギー疾患、アレルギーの原因になる異物をアレルゲンと言います。アレルギー反応はほぼ全身で起こり、反応する箇所によって異なるアレルギー疾患が現れます。たとえば、アレルギー反応で起動が起こると気管支ぜんそくに、皮膚で起こるとアトピー性皮膚炎、鼻粘膜で起こるアレルギー性鼻炎といった具合です。

アレルギー反応はリンパ球が過剰に働くことで起こる

ここでアレルギー症状が起こる仕組みについて紹介しましょう。免疫の主役となるのが、血液中にある白血球です。白血球とはひとつのものを指すのではなく、主に顆粒球とリンパ球の2つで構成されています。体内に異物が入ったとき、まず活躍するのが顆粒球で最近や異物を飲み込んで処理します。

しかし、顆粒球は大きなサイズの異物を退治するのは得意ですが、ウイルスや花粉など小さな異物は得意ではなく取り逃がしてしまいます。そこで活躍するのがリンパ球です。リンパ球の役割は、体内に張った抗原を排除するために抗原と結合する抗体をつくることです。その抗体が異物を攻撃し、破壊します。このような白血球の働きは、実は自律神経の支配を受けていることがわかっています。

自律神経には、昼間の活動時に優位になる交換神経と、夜や休息時に心身をリラックスさせるために働く副交感神経の2種類があります。交換神経と副交感神経のバランスが取れていれば、顆粒球とリンパ球もバランスのとれた状態を保つことができます。

しかし、このうちどちらかが優位になりすぎると自律神経のバランスが崩れ、その支配下にある顆粒球とリンパ球のバランスも崩れてしまいます。その結果、様々な病気や不調が起こるのです。交換神経が優位になって顆粒球の分泌が過剰になると、活性酸素が発生して自らの組織を破壊し、がんや胃腫瘍、高血圧、心筋梗塞などの病気が起ります。

その反対に副交感神経が優位になり、リンパ球が過剰に分泌されると反応しなくていい抗原にまで過剰に反応するようになり、喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患を引き起こします。このような仕組みで起こるアレルギーは、起こりやすい体質の人と起こりにくい体質の人がいます。アレルギー体質は、遺伝や環境が深く関わっていて、同じようにアレルギーが起こりやすい傾向があります。

免疫のガキを握るのは自律神経

私たちの日々の健康が維持されているのは、病気から身を守るための某業システムが働いてるからです。そのバランスが取れていると免疫力も高まり、病気などを予防する最高の状態です。免疫こそがが、その防御システムです。免疫の中心的な役割を果たしているのは主に血液中の白血球ですが、白血球の数や働きは、実は自律神経の影響を大いに受けています。つまり、免疫力を高めるには自律神経のバランスを整えることがたいへん重要なのです。

自律神経とは、人間の意志に関係なく生命を維持するために自動的に働く神経のことで、呼吸や血液の循環、消化・呼吸などの生命活動の基本となる内臓の働きを調整しています。この自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。体や心がリラックスしていれば副交感神経が優位に立ち、仕事中や興奮状態の時には交換神経が優位に立ちます。この自律神経がどちらかに大きく偏った状態になると、病気になってしまうのです。例えば、交換神経が優位になると、血管が過度に収縮して血行が悪くなり、循環器系の病気を発症します。消化器系の働きも悪くなるため、腸に老廃物がたまって病気になることもあるのです。

また。顆粒球が過剰に増えます。顆粒球は体内に侵入した細菌などと戦いますが、役割を終えると活性酸素を放出しながら死んでいきます。過剰に増加した活性酸素が体内で組織破壊を起こし、病気を引き起こすことも考えられるのです。逆に、副交感神経が優位に立っている場合は、リラックスしているのでいいのでは?と思われるかもしれませんが、そうではありません。適度に優位ならば血管が拡張して血行が良くなるのですが、過度になると血管が拡張しすぎてうっ血状態になり、むしろ血行が悪くなって病気になることがあります。需要なのは、自律神経のバランスです。一方に偏らないことこそが免疫力を高め、病気を退治したり、健康でいられる最高の状態なのです。

免疫力の低下は男女異なる?

免疫力の低下は、男性はストレス、女性では冷えによって引き起こされます。自律神経と免疫力、そして病気の関係を簡単に説明しましょう。まず、交換神経が優位になると、アドレナリンが過剰に分泌され、顆粒球や活性酸素が増加し、血行は悪くなります。すると免疫量が低下して、生活習慣病や痛みなどさまざまな病気が発生するのです。

下記は交感神経の過剰な優位で起こる主な病気や症状をまとめました。
・がん
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・糖尿病
・痛風
・動脈硬化
・高血圧
・脳梗塞
・心筋梗塞
・肩こり
・腰痛
・膝痛
・神経痛
・顔面マヒ
・膠原病
・パーキンソン病
・痔
・イライラ
・不眠症
・怒りっぽくなる
・暴食

逆に、副交感神経が優位になると、リンパ球が増えて免疫力は向上します。しかし、増えすぎると免疫過剰となって、体内に入ったちょっとしたものでさえ排除しようと、鼻水や咳などのアレルギー反応が起こるのです。とはいえ、多くの病は交感神経優位による免疫力の低下で生じます。注意すべきは、交感神経優位を防ぐことでしょう。特に男性はストレス過多で交感神経が優位になり、病気になる人が非常に多くみられます。それは、男性のほとんどが組織下で働き、仕事上でストレスを感じることが多いためです。男性の長寿県をあげると、長野県や岐阜県、比較的ゆったりした環境でおだやかな気質の人が多い地域なのです。ストレスが少ない環境のほうが、男性は長生きできるのです。

一方、女性の敵は冷えです。女性の体は男性よりも脂肪が多く、その脂肪細胞に張っている血管は細いのです。つまり、組織に血液がいきわたりにくい仕組みになっているのです。このため、血行が悪いことで交感神経が優位になり、病気になるというわけです。女性の長寿県1位は温暖な沖縄県で、最下位は寒冷な青森であることは冷えが女性の敵であることを証明するひとつの事実といえるでしょう。

さらに冷えは、自律神経とも深い関係があり、交感神経と副交感神経のバランスがくずれている人は、36度以下の低体温であることがわかってきました。古くから、女性は体を冷やすなといわれてきましたが、免疫学の観点からもまさに同じ結論に達するわけです。
下記は副交感神経の過剰な優位で起こる主な病気や症状をまとめました。

・花粉症
・アトピー性皮膚炎
・喘息
・肥満

アレルギー疾患にはCBDオイルが効果的?

海外の研究によってCBDオイルが皮膚疾患に有効的であると話している方も存在します。ヘンプオイルやCBDオイルは抗炎症効果があることが分かっています。そのため、欧米ではカンナビジオールを用いた製品が人気を集めています。アンチエイジングなどにも効果があり、若者から年配者まで幅広く活用されています。

また子供などはアトピー性皮膚炎を発症するケースが多く、ステロイドクリームが使用することがかえって逆効果になるケースも数多く存在しています。海外記事で面白い記事を見つけましたので紹介します!

研究は、カンナビスオイルが皮膚疾患を癒す

テレグラフ(The Telegraph)は、ヘンプオイルが、ステロイドクリームなどの薬を試してうまくいかなかった子どもの重篤な湿疹を完全に治したことを報告しています。オイルの投与をやめると、症状は再発しました。

テレグラフ(The Telegraph)の記事はまた、フィンランドのクオピオにある大学メンバーによって行われた、ヘンプオイルと亜麻仁油を摂取した際の利点を比較した研究も引用しています。どちらのオイルも試したボランティアにおいて、ヘンプオイルは抗炎症性であるGLAの有意な上昇を引き起こしました。

研究を行ったジェイス・キャロウェイ博士によると、この効果が、ヘンプカンナビスオイルによる一見奇跡的に見える治療効果を説明するかもしれません。アレルギーや関節リウマチは、ヘンプオイルにより治療されたと逸話的に報告されている2つの症状であると、キャロウェイ博士は述べています。

キャロウェイ博士とその共同研修者は最近の研究で、アトピー性皮膚炎に対するヘンプオイルの影響を調べました。比較のためにはオリーブオイルを使用しました。カンナビスを摂取することで、患者は、皮膚の乾燥とかゆみが軽減され、外用薬の使用頻度が減ったことがわかりました。著者らは、オイル中の2種類の多価不飽和脂肪酸の存在が改善に寄与していると述べています。

どうだったでしょうか。数多くの疾患に効果が期待できるCBDオイルですが、皮膚疾患までをもカバーできるという効能は凄まじいですよね。皮膚疾患にお悩みの方はCBDオイルを試してみてはいかがでしょうか?試す価値は大いにあると思いますよ!

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)