睡眠に深く関係するエンドカンナビノイドと概日リズム

概日リズムとは

私たちの概日リズム、または体内時計は、「睡眠—起床」サイクルだけでなく多くのことを管理しています。体内の組織・細胞の多くは、グルコース、アミノ酸、脂肪、その他栄養をどのように代謝するかを変える生体時計に従って機能しています。

さらに言えば、細胞の大半は生体時計に従って、さまざまなホルモンおよび環境シグナルにどのように反応するか変えています。光、食物摂取、ホルモン、睡眠など、まさにこれらのシグナルもまた、同様に体内のバイオリズムを変化させています。実質的にこれは双方向的な関係です。

一方では既存の体内時計のリズムが全体の代謝および生理機能を変化させ、もう一方では環境信号がこれらの生体時計管理し、“時間を合わせる”のに影響します。

睡眠不足がエンドカンナビノイドと体重増加に与える影響

この背景を元にすると、十分な睡眠を得ていない人がより多く脂肪が増えたり、体重低下または血糖値の管理により苦労したりするのは不思議ではありません。これは部分的に睡眠不足が、食欲およびエネルギーが多い食品への欲求を増加させるエンドカンナビノイドシステム(ECS)のある側面を増幅させることに起因します。

ジャーナル・スリープ誌に発表された近年の研究の結果では、夜間の睡眠不足は体内の大麻に似た化学的化合物(2-AG<2-アラキノドノイルグリセロール>を含む)を増加させ、食物の魅力や満足感を増加させるTHCが優勢なCB1受容体重点大麻と同じ経路の多くを活性化させることが示されています。

ハンロンおよびその他は、14人の有志グループが4日間にわたり睡眠研究所で睡眠を4.5時間に減らされる実験を行いました。9時間の睡眠を得た管理グループと比較して、彼らの2-AG値は上昇し、より長い時間活性したままでいたため、不健康な食物などの軽食を取る行動につながりました。

睡眠センターにいた4日間、全ての光と音が管理されていた一方で、全ての食物摂取および食事は注意深く監視されました。2-AGの血漿値は通常正午〜夕方にピークに達し、絶食する深夜に最低値まで下がります。しかし実験では被験者の数値はより長時間高いままでした。

この上昇した2-AG値は、被験者がおやつを食べ過ぎる時間と一致しました。

睡眠不足が認識能力の低下や衝動性の増加をもたらすことを、私たちは知っています。他にも、睡眠不足によって調整される、グレリンやレプチンといった食欲およびエネルギーバランス・ホルモンがあります。他の研究結果やこの情報から、睡眠不足が快楽的な食物を求める欲求を増幅する一方で、誘惑に抵抗し、食物摂取に関するより良い決断をする能力を低下させることが分かります。

これが肝臓の機能しないインスリン感受性および分配と結合すると、筋肉および脂肪組織は体重増加およびウエスト拡大に関する最悪の事態を提供します。

CBDを使って概日リズムを最適化

この新たな科学的証拠は、体重管理および代謝健康の最適化に関する潜在的なターゲットを示します。1つの戦略は、十分な自然光を浴び、1日の早い時間に食事を摂取し、睡眠のためにより多く時間を取ることで睡眠衛生を向上させることです。残念ながら、人工的な光、スマートホン、TV、ストレス、夜更かし、過度なSNS利用および深夜シフトはすべて、睡眠の必要性を満たすのを難しくしてきました。

もう1つの戦略は、CBD(カンナビジオール)のようなヘンプから作られた植物性カンナビノイドを利用して、エンドカンナビノイドシステムのバランス(すなわち、2-AGエンドカンナビノイドまたはTHC植物性カンナビノイド優勢大麻などCB1受容体の優先傾向を回避する)を取ることでしょう。

CBDは、CB1受容体経路とは対照的に、CB2受容体性反応により重点を置く傾向にあります。エンドカンナビノイドシステムのバランスを保つことにより、私たちは概日リズムが最適な健康を促進するための下準備ができるのです。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典:Leafly