オクラホマ州:CBDオイル生産者が大麻定義の改訂を称賛

オクラホマ州知事は、大麻とみなされるもののオクラホマ州の定義を変更しました。この変更は、大麻抽出オイルは真に健康上の利点を持っていると主張するカンナビジオール(CBD)オイルの生産者によって称賛されています。

オクラホマ州南部にあるキャン・テック研究所は、ハイになる大麻の成分THCを含まないCBDオイル製品を生産しています。

「我々の製品を推薦し、販売する医師が約30人ほどいます」とキャン・テック研究所オーナーのライアン・アーリーは言います。

キャン・テック研究所は、全国で100におよぶ異なる事業のために製品を生産しています。その多くは電子タバコ店で販売されています。

昨年、ノーマンにあるベイパー・キングダム店のCBDオイル製品を警察が押収し、検査しました。製品に含まれるTHC量は法的限界以下だったことが分かりました。

「この件に関しては情報が欠如しているのです」ベイパー・キングダム店を運営するジミー・シャノンは言います。

州議会議員たちは小さなケイティ・ドブソンの制御不可能な発作をいかにCBDオイルが助けたかを知り、この問題に着手しました。“ケイティ法”に署名されてから2年が経った今、ケイティに安堵をもたらしたCBDは、抽出元の植物からさらに大きな法律上の距離を獲得しました。

「この変更によってオクラホマ州は、医薬品グレードを得た大麻製品に関する有望な調達源の地図に載ると思います」とアーリーは話しました。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典:news9