カンナビジオール調査:CBD研究の歴史的発展

要約
カンナビジオール:不活性カンナビノイドから幅広い作用を持つ薬物まで

目的
本調査の目的は、カンナビジオール研究の歴史的発展を示すことです。

方法
本調査はMedline、Web of ScienceおよびSciELOから得られた報告に基づいて実行されました。

考察
1963年にカンナビジオール化学構造が解明された後、初期研究ではカンナビジオールは大麻の効能を再現することはできないことを示していました。1970年代にカンナビジオールに関する発表数は最初のピークを迎えます。それらの研究は主に、カンナビジオールとデルタ9-THCとの相互作用およびその抗てんかん作用、鎮静作用に集中していました。その後20年間は関心度の低下を見せ、研究されたカンナビジオールの潜在的な治癒特性は、主に抗不安、抗精神病、および運動疾患における効果でした。これらの研究は、パーキンソン病、アルツハイマー病、脳虚血、糖尿病、関節リウマチ、その他炎症性疾患、吐き気およびがんを含む、いくつかの疾患における広範囲なカンナビジオールの起こりうる治癒効果を示唆してきました。

結論
過去45年間、CBDは幅広い治癒効果を持つと実証することが可能となってきました。その多くは素晴らしい治癒効果ですが、まだ臨床実験によって裏付けられるのを待っています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典: PubMed