薬理学的観点から見たカンナビジオールの概説

要約
過去数年間にわたり、大麻の精神作用しない主な構成成分であるカンナビジオール(CBD)にかなりの関心が集まってきました。著者らは、CBDの化学的性質に関する調査を発表し、CBDの抗けいれん、抗不安、抗精神病、制吐および抗リウマチ作用について考察します。CBDは既知のカンナビノイド受容体に結合せず、その作用のメカニズムはまだ知られていません。少なくとも部分的にその効果は、近年発見されたアナンダミド摂取および加水分解の抑制、およびその抗酸化作用による可能性があります。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed