大麻検査:大麻製品の独立した第三者分析の重要性

本稿は、CV科学(旧カンナヴェスト)からの製品ラインであるプラスCBDオイルがサポートしています。CV科学は、農業用ヘンプ由来のCBDバルクおよびその最終製品の主要な供給元および製造業者の1つです。

記事は、SC研究室(カンナビノイドの第三者テストのために、CV科学に選ばれた研究所)の客員著者(ゲストオーサー)により執筆されました。

大麻の検査:大麻製品の独立した第三者分析の重要性

より多くの大麻製品が市場に入って、消費者はどの製品が安全で、効果的で、信頼できるかについて見極めるという気が重い仕事に直面します。

大麻の消費者製品はまだ完全な標準化を成し遂げていませんが、それは重要なことであり、そのことで、彼らのお気に入りのブランドが、透明性を提供し、そのブランドが生産している製品の内容について科学的証拠を示すために、余分なステップ踏んでいるということを信頼させてくれる助けとなります。

CV科学(旧カンナヴェスト)は、独立した第三者研究所によって大麻製品の分析試験をすることの重要性を説明し、CV科学の大麻由来のプラスCBDオイル製品ラインのような製品がテストされるとき、分析される現在の製品特質を克服するのを助けてくれるように、SC研究所(選ばれた独立した研究所)を尋ねました。

SC研究室は、以下のことを共有ました。

大麻検査ラボは何をするのか?

独立した第三者研究室による分析テストは、製品の特定の知識を消費者に与え、もしそれ(規制)が存在する場合は、規制を満たすのを助けるために、発展途中の大麻市場では不可欠です。

独立したテストラボとしての SC研究所の役割は、原料生産者、メーカー、消費者、またはブランドと提携していないことであり、テストの結果には既得権益を持っていません。

私たちの目標は単純です:透明性、品質管理、および信頼を提供するために、既知の方法を使用して試験することです。

SC研究室が現在提供している分析のさまざまな種類を打破してみましょう: 効力、テルペン類、残留溶剤、農薬、微生物汚染。

大麻の効力の試験

製品の濃度を知ることは、正確な量のカンナビノイドを使用することに関心がある消費者のためには不可欠です。

我々の効力分析では、THC、THCA、CBD、CBDAおよび、CBN などのサンプルに存在する、特定のカンナビノイドの量を測定します。

これらのカンナビノイド濃度は、消費者が、使用する製品のタイプを区別するのに役立ちます。

高いレベルのTHCA の製品を模索する人もいるでしょうし、CBDが多く、THCが少ない製品を特に検索している人もいるでしょう。効力試験は、経口投与する製品を用いるためには特に重要です、この製品は、製品の効果を感じるために1時間以上かかることがあります

大麻のテルペン類のテスト

テルペンとテルペノイドは、大麻の香りのバリエーションに関与しています。テルペンの含有量を知ることは、消費者が希望する匂いや効果のある製品を選択するのに役立ちます。

SC研究室のテルペン分析は、大麻中の天然成分である多くのテルペン類やテルペノイド類の量を測定します。

大麻における残留溶剤試験

多くの場合、溶剤は、植物材料からカンナビノイドとテルペノイドを抽出するために使用されており、化学薬品を使用していないCO2 からより厳しい化学物質まで様々なものがあります。

化学抽出 (例えばブタンの使用) によって濃縮物が調製された場合、最終製品に残留溶媒が存在する場合があります。

大麻濃縮液中の溶媒量を測定することで、我々は、彼らのプロセスを調整して、最高品質の濃縮液が生産されていることを確実にするために必要な情報を製造者に提供することができます。

大麻の農薬のテスト

大麻製品に農薬が存在することは、大麻の栽培の際に農薬が使用されたか、あるいは成長後に花や最終製品が農薬で汚染されたことを示しています。

製品中の農薬の存在について知ることで、消費者がその製品を摂取するかどうかについて、情報をもとに決定をすることができるようになります。

SC研究室の農薬分析では、現在、一般的にカリフォルニア州の大麻栽培で使用される12の農薬の存在を探します。

大麻製品の微生物スクリーニング

すべての天然物は、様々な量の天然のマイクロフローラを含んでおり、それらの量を定量化することは、製造業者だけでなく消費者が、使用する製品およびそれらを使用する方法を決定するのを助けることができます。

SC研究室の微生物スクリーニングは現在、総好気性細菌の総生菌数、酵母の総生菌数と糸状菌および大腸菌(E. coliを含む)の総生菌数を定量化しています。我々はまた、サルモネラ属およびできる限りの大腸菌の滋賀毒素産生株が存在するかどうかをスクリーニングするためにポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を使用しています。

滋賀毒素生産大腸菌(STEC)およびサルモネラ属は日和見病原体とされており、食品のサンプルにおける厳格なゼロトレランス政策(例外を許さないあらゆる政策)を実行しています。

SC研究室の一連 のテストは、大麻および大麻由来の製品の、品質と安全性についての正確で不可欠な情報を、消費者、製造者、小売業者に提供します。

情報を提供するにあたっての独立した研究室の役割は、データの正確性と信頼性を保証することです。これは、急速に成長している大麻産業の透明性と長寿のために、重要な基本関係です。

自社製品について独立したテストを行うための余分なステップを行うことに専念している、責任ある生産者との連携を、カンナビス製品を選択するプロセスの柱にする必要があります。信頼性の高い企業は、このステップに注目し、彼らのテスト結果を共有することを熱望しています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典:Leafly