大麻は癌を治せるのか?オーストラリアで研究報告

約9ヶ月後に私たちは正式にカンナビスがメラノーマを治療するかどうか知ることができるでしょう。そして、2年以内に、オーストラリアは、病気を抱えて生きている数千人を治療するためのカンナビノイドに基づく医薬品を登録する可能性があります。

オーストラリアの声明発表後すぐに医療大麻計画の広範な製品投入はされないものの、研究者が大麻を栽培し、それを用いて研究を行うことができるようになるというニュースが続きました。

優れた研究チームが研究をスタート

キャンベラ大学からのチームは、癌研究において素晴らしい経歴を持つ分子細胞生物学者であるスダー・ラオ教授によって導かれています。特定の酵素が癌の幹細胞が広がる原因となるという発見によってラオ教授は研究者たちの間で有名です。

ラオ教授は現在、癌が広がるのを防ぐために酵素の阻害剤を探す仕事で忙しいのですが、今、彼女はまた、誰の口にも上る質問への答えを見つけようともしています。すなわち「大麻は、癌を殺すのか?」という問いです。研究活動のための資金は、カン製薬オーストラリア(Cann Pharmaceutical Australia)によって提供されています。

潜在的に命を救う医学的発見の迅速な追跡

年間13000人のオーストラリア人が、悪性黒色腫と診断され、年間1800人のオーストラリア人とニュージーランド人がこのタイプの癌により死亡しています。彼女の研究において、ラオ教授は癌を治す方法を探して、癌治療と大麻を組み合わせて使用する予定です。

大麻のイスラエル系統が実験で使用される予定であり、ラオ氏は、彼女の発見が他の形態の癌の治療実施計画にも影響を与える可能性があることを期待しています。彼女はこの研究が従来の治療とカンナビノイドを結びつける最初の研究になるでしょうと言います。

大学の副学長は、大学は健康に関する管轄地域と研究とをリンクさせることを望んでいるので、研究者は標準的な実験での実験を行うだけでなく、実際の治療現場で患者と協力して研究を行うことができます。

肯定的な研究結果が主張を後押しするだろう

オーストラリアの医療大麻活動家グループのためのスポークスマンは、研究が突破口を提供することを期待しています-癌治療のためだけでなく、一般の医療大麻にも。

彼は、人々は医療大麻を使用することが許されていないため、不必要に苦しんでいると言います。そして、肯定的な研究結果が、彼が、大麻が持っていると信じている薬効に焦点を当ててくれることを期待しています。

彼は、現在の法的環境が「理不尽」であり、医療大麻を試そうと決心した人は、大麻を使用するときには自分自身を告発して、法律を破らなければならないと言っています。

大麻は癌を治すのか?

我々は、必要なすべての証拠をすぐに手にすることができるかもしれません。

これまでのところ、大麻と癌と大麻による癌の治療の逸話的な話に限られた研究のみが行われていますが、大麻が癌を治療すると、情熱的に信じている人が多くいます。

しかし、彼らが知らないことは、ただ、彼らがどの大麻を選択するべきか、また、どのくらいの量を用いるべきかということです。この研究は、我々が待っている答えのいくつかを提供してくれるでしょう。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)