研究要約:医療におけるカンナビノイドの可能性

要約

エンドカンナビノイドシステムの発見以来、カンナビノイドの薬理学的および治療的可能性を探る研究は着実に増加してきました。Gタンパク結合カンナビノイド受容体の2つの亜型、CB(1)およびCB(2)は複製され、いくつかの推定内在性リガンド(エンドカンナビノイド)が過去15年間に検出されてきました。

主なるエンドカンナビノイドはアラキド酸から生じるアラキドノイル-エタノールアミド(アナンダミド)および2-アラキドノイル-グリセロール(2-AG)で、膜脂質の先駆体の分裂によって“要望に応じて”生成されます。大麻草の植物性カンナビノイドの他に、カンナビノイドシステムの変調器は、エンドカンナビノイド分解のCB受容体および阻止因子において、合成作動物資および拮抗性から成っています。

カンナビノイド受容体は中枢神経系、ならびに免疫系、生殖器官、消化器官、交感神経節、内分泌腺、動脈、肺および心臓を含む抹消器官に分配されます。カンナビノイドの非受容体依存性機構、およびバニロイド受容体によって仲介されるエンドカンナビノイド効果に関するいくつかの証拠があります。

治療上の関心となるCB受容体作動物質の性質は、鎮痛、筋弛緩、免疫抑制、抗炎症、抗アレルギー効果、気分の改善、食欲増進、制吐、眼圧の低下、気管支拡張、神経防護作用ならびに抗腫瘍効果を含みます。

現在の臨床研究における主な焦点は、慢性的な痛みおよび神経障害における有益性です。CB受容体拮抗性は、肥満およびニコチン中毒における医療用途に関して検査されています。アルコールおよびヘロイン依存症、統合失調症、低血圧を伴う疾患、パーキンソン病ならびにアルツハイマー病における記憶障害の治療に対してさらなる可能性が提案されています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed