カンナビノイドとは?

カンナビノイドとは、エンドカンナビノイドシステムとして知られているものを構成する、人体の特定の受容体に結合する多様な化学化合物の集合体です。

「キーとロック」というメタファーは、しばしばこのプロセスを記述するために使用されます。
人体の特異的結合部位はこのプロセスを記述します。
人体は、多くの細胞の表面上に特異的結合部位(ロック)を有する。
これらのカンナビノイド受容体に結合するいくつかのエンドカンナビノイド(キー)を産生する。
レセプター(CB)をアクティブにするか、またはロックを解除する働きがあります。

1992年、研究者らはカンナビノイド受容体に結合する内因性物質を初めて発見しました。

アナンダミドとして知られているこの物質は、サンスクリット語の至福を意味する「アナンダ」から生まれ、「アミド」はその科学構造を意味します。

1995年には第二のエンドカンナビノイド、2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)が発見されました。これらの2種のエンドカンナビノイドは、これまでに最も研究・開発がされています。今日では、約200以上の関連する似たようなエンドカンナビノイドがあり、その機能を補完する物質が存在します。

一部のエンドカンナビノイドは、カンナビノイド受容体に結合するだけではなく、CB3受容体(GPR55受容体)、バニロイド受容体、およびさらなる受容体と結合することがわかっています。

エンドカンナビノイドに加えて、科学者は現在、大麻草植物で見つかったカンナビノイドを同定することに成功しました。
いくつかのエンドカンナビノイドの効果を模倣する、または相殺するように作用します(フィトカンナビノイド)。

フィトカンナビノイドおよびテルペンは、花および樹脂線(トリコーム)で生成されており、生成される樹脂の量とカンナビノイド含有量は、大麻草の性別、栽培条件、収穫時期などによって異なります。収穫されたカンナビノイドの化学的安定性植物の材料は、湿気、温度、光および貯蔵の影響を受けますが、保管中に経時的に老化していきます。

カンナビノイドが、天然に存在するホルモンと同じように受容体を作用させる場合、または神経伝達物質である場合、「アゴニスト」と表示されます。

一方、カンナビノイド受容体を天然の化合物に結合し、それにより結果として生じる現象(例えば、疼痛、食欲、警戒感)を変更、または軽減させるためには、「アンタゴニスト」と表示されます。

特定のカンナビノイドが特定のレセプターをどのようにロック解除(場合によってはロック)することができるかさらなる研究が進んでいくことでしょう。

大麻草内には100種類以上の植物性カンナビノイドが同定されており、その多くは文章化されています。大麻草の各成分は、その大部分が密接に関連しています。大麻草内に見出され、研究されたカンナビノイドで最も話題なのは、精神活性が顕著なテトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)です。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)