簡単におさらい!4つの主要なカンナビノイド

大麻やヘンプには80種類とも100種類とも言われるほど数多くのさまざまなカンナビノイドが含まれています。その中から多くの医学的可能性を持つとされ、最も話題に上りやすい4つの主要なカンナビノイドについて解説します。

カンナビジオール(CBD)

すべてのカンナビノイドが無色であるわけがありません。最も明るい黄色のカンナビノイドの1つがカンナビジオール(CBD)です。CBDには大きな医学的可能性があることが示唆されています。特にCBDとTHCは、特定の疾患、特定の病状を治療するために適用されています。CBDは、CB1およびCB2受容体双方のアンタゴニストとして作用し、どちらに対しても低い結合親和性を有します。これは脳や体の中におけるCBDの作用機序が他の受容体によって媒介されていることを示しています。

カンナビジオール酸(CBDA)

CBDAすなわちCBD酸またはCBD-aとは、CBDが大麻草植物に存在するときの主な形態です。CBDAは、熱を加えるなどするとCBDに変換されます。

テトラヒドロカンナビノール(THC)

デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)は、フィトカンナビノイドであり、一般的に現在、大麻に最も含まれるカンナビノイドです。

THCは脱炭酸化という工程によってTHCAから誘導されることができます。THCを体内に摂取した場合、血流など通り、最終的には体内のカンナビノイド受容体に結合します。

これらの結合部位は、記憶、集中力、喜び、調整、感覚、時間知覚、食欲などの多くの重要な機能と密接な関係があります。しかしTHCには、不安、怒り、目の炎症、口の乾燥、震え、心拍数の増加、息切れ、短期間の記憶喪失などの副作用があります。短時間でTHCを大量に体内摂取すると、その効果が増強され、変化する可能性があります。

テトラヒドロカンナビノール酸(THCA)

THCAは、生の大麻の主成分です。THCAは、燃焼、気化または加熱時にΔ9-THCに変換されます。これはCBDAと同じと変化です。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)