エンドカンナビノイドシステムを標的とする薬理学的戦略および治療可能性

要約

ヒト組織は、内因的に放出された“エンドカンナビノイド”、または有効な治療を必要として一部の疾患の根本原因を阻害、および症状を軽減する方法で体外から投与された化合物によって活性化されるカンナビノイドCB(1)およびCB (2)を発現します。

カンナビノイドCB(1)およびCB (2)受容体を活性化する3つの薬剤が現在病院にあります。セサメット(ナビロン)、マリノール(ドロナビノール、すなわちデルタ9-テトラヒドロカンナビノール{Δ(9)-THC})、およびサティベックス(Δ(9)-THCとカンナビジオール)です。

これらの薬剤は、化学療法に引き起こされる吐き気・嘔吐の改善(セサメット、マリノール)、食欲増進(マリノール)、癌による痛みの症状軽減または多発性硬化症を持つ成人の神経障害痛およびけいれんの管理(サティベックス)のために処方されます。

本調査は、カンナビノイド受容体作用物質に対して可能性のある付加的治療標的の一部に触れます。

それには、その他痛み、てんかん、不安障害、うつ病、パーキンソン病およびハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脳卒中、がん、薬物依存症、緑内障、自己免疫性ブドウ膜炎、骨粗鬆症、敗血症、肝疾患、腎疾患、腸管および循環器疾患が含まれます。

本調査はまた診療所におけるこれらアゴニストの利益とリスクの割合および有効性の改善に関する潜在的な戦略を示します。以下がその戦略です。
(i) 血液脳関門外にあるカンナビノイド受容体を標的にすること。
(ii)特定の組織が発現するカンナビノイド受容体を標的にすること。
(iii)上方制御されたカンナビノイド受容体を標的にすること。
(iv)カンナビノイドCB(2)受容体を選択的に標的にすること。
(v)補助的な複数の標的化。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed