効き目に注目が集まるヘンプ外用品とは何か徹底解説

新たな大麻使用方法は、大麻は水ギゼルやジョイントだけのもの、さらに言えばハイになるためのもの、というイメージから大きくかけ離れていくものです。大麻入りの外用品は、新たな消費方法がいかに大麻に対する認識に改革を起こしているかの一例なのです。

外用品とは何か?

外用品とは、局部的な鎮痛、炎症の緩和のために皮膚を通して吸収される大麻が注入された化粧水、クリーム、CBDオイルです。外用品は精神活性性ではないため、他の伝達方法に関連する脳の陶酔感を感じることなく、大麻の治癒効果を得たい患者によって選ばれています。 患者および娯楽的消費者に対する長時間持続するパッチやピリピリする潤滑剤など、その他経皮的な革新も大麻市場にどんどん登場しています。

核特異性の外用品は、ブラックベリー・クッシュ、パーマフロスト、ブルーベリーなどで、それに似た化学的プロフィールにおける一部のテルペンやカンナビノイドを利用しようと試みています。外用品製作者は、THC、CBD、THCA、その他カンナビノイドとともに、カイエン、ウィンターグリーン、クローヴなどといった原料およびエッセンシャルオイルも、さらなる緩和のために選ぶでしょう。

大麻が注入された外用品はどのように効くのか?

大麻が注入された化粧水、軟膏、CBDオイル、スプレー、その他緩和効果のある経皮的方法は、CB2と呼ばれる受容体のネットワークを結合させることによって作用します。これらCB2受容体は体内中に存在し、体の天然由来の内在性カンナビノイド、または“フィトカンナビノイド”(例:THC、CBD)として知られている大麻化合物によって活性化されます。

外用品に活性化されたTHCが含まれていたとしても、大麻の喫煙および摂取で得られるような非常に強い精神活性化の状態を引き起こすことはありません。外用品の大半において、カンナビノイドは血流に飛び入ることができないのです。CB2受容体システムへと浸透するだけです。しかし経皮的パッチは、カンナビノイドを血流へと運び、精神活性化されるのに十分なTHC容量であれば精神活性的効果を起こす可能性があります。

大麻が注入された外用品はどのような症状を治療するのか?

外用品が一般に最も選ばれるのは局部的な鎮痛、筋肉痛、緊張および炎症などに対してですが、乾癬、皮膚炎、かゆみから頭痛、生理痛まで、 潜在的メリットの幅広い範囲が事例証拠に表れ始めています。

冷却メントールおよびペパーミントを注入した、THCを豊かに含むマッサージ剤は、厳しいワークアウトやハイキングから体をほぐすのに完璧です。非常に強い局部的な痛みがあるなら、カンナビノイドの深い鎮痛の性質と、チクチクする緩和効果のある感覚を併せた温めるバームを試すとよいでしょう。炎症症状は異なる化学的プロフィールを要求することがあると、カンナビス・ベーシックス社CEOのアー・ワーナー氏は説明します。

「関節痛は炎症によって引き起こされます。我が社の製品は抗炎症性のTHCAおよびCBDを含有しています。活性化されたTHCは炎症には効きませんが、THCを酸性型のままCBDと結合させると、2つは炎症および炎症からくる痛みの除去に作用するのです」

さまざまな外用品が製品の処理過程および成分の使用方法によって異なるメリットを提供するので、自分に何が効くのかさまざまな経皮的製品を試してみるとよいでしょう。医療大麻が合法の州では時が経つとともに、局所療法に関する選択肢がどんどん増えていますし、痛みや炎症に苦しむ人にとっては試す価値があります。一つの特別な成分がどれほど違いを生み出すのか、あなたは驚くことでしょう。

日本ではTHCが含有される製品は、いかなる場合も違法となっていますので呉々もご注意ください。

出典 : leafly