ヴァージニア州知事がCBDオイル生産管理法案に署名

ヴァージニア州リッチモンド市。テリー・マカリフ州知事は、カンナビジオール(CBD)およびTHC-A(THC酸)を高濃度含む治療用オイルの州内生産を管理する法令を確立するために、規制法案701に署名しました。

2015年州法の元で資格を持つ親は、少なくとも15%のカンナビジオール、5%以下のテトラヒドロカンナビノールを含有する大麻草抽出物を所持する場合、肯定的な医療的弁護を受けます。しかし法令はこれらの製品に関して合法的調達源を提供しないため、ほとんど患者のニーズを満たすことができませんでした。

法案701は、CBDおよびTHC-Aを高濃度含むオイルの調剤処理業者に対して衛生、安全性およびセキュリティ条件を確立する法令を承認するよう州薬局委員会に求めます。

12州以上の州における法令で、CBD抽出物を所持する資格を持った患者に対する刑事訴追を明白に免除しています。しかし、これらの製品の州内生産を管理する法律用語を提供する州は、そのうちのたった3州(フロリダ州、ミズーリ州、テキサス州)です。今週、ミズーリ州農務省は、CBDを多く含む大麻を栽培しようとする2名の志願者に許可を与えました。彼らのCBD製品は、今年の秋から州の資格を持つ患者に対して流通が始まると見込まれています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:NORML