免疫力アップには善玉菌が重要

腸内細菌と免疫系とは密接な関わりがある

免疫力を高めるには、腸の活性化が非常に重要であることが近年、認識されるようになりました。最近の研究で、腸内細菌が免疫系と密接な関わりをもつことが明らかになったのです。外敵から自分の体を守る免疫系(免疫システム)は、ウイルスやがんに冒された細胞を破壊して増殖を防ぐ細胞性免疫と、たんぱく質など小さな分子の侵入を防ぐ液性免疫に大別されます。ヘルパーT細胞には、細胞性免疫の主役であるTh1細胞と、液性免疫の主役であるTh2細胞とがあります。この2つはいわばシーソーの関係にあって、どちらかが優位だとどちらかが抑えらえる仕組みになっているため、シーソーのバランスが崩れると身体にさまざまな不調が起きてきます。

たとえば、Th1細胞の働きが落ちてTh2細胞の働きが上がると、免疫はタンパク質に過剰に反応してアレルギー疾患になりやすく、ウイルスやがん細胞をうまく処理できなくて感染症やがんにかかりやすくなります。つまり、免疫力はTh1細胞とTh2細胞の活性バランスがたいせつなのです。

悪玉の腸内細菌が増えると免疫バランスが崩れる

ところが現代人はTh2細胞の活性が高く、Th1細胞が抑えられる傾向になるので、がんやウイルス性疾患、アレルギー疾患がふえる一方です。Th2細部が優位になっている理由として、タンパク質の過剰摂取や、食品の加工で変性した粗悪なタンパク質の摂取が挙げられます。

食物は小腸で消化・吸収されますが、過剰なタンパク質は消化されないまま異種タンパク質として大腸に送られ、悪玉の腸内細菌のエサになります。悪玉菌は小腸が分解できない焦げた魚のタンパク質も分解して自分の栄養源にします。悪玉菌が異種タンパク質を分解すると、毒性をもったガスが生成され、大腸粘膜を傷つけます。すると異種タンパク質がそこから粘膜に侵入しようとするので、それを防ぐために大腸のまわりのTh2細胞が活性化されます。こういった状態が続くので、現代人のTh1細胞の活性は常に抑えられたままです。これでは身体にはよくありません。

免疫系の7割が大腸粘膜に集中しています。人間にとって粘膜は外界の異物が侵入しやすい弱点。がんができる場所も殆どが粘膜です。弱い粘膜だからこそ、免疫は常に守りを固めているのです。大腸内でTh2細胞の活性が高まると全身の液性免疫が過敏になり、花粉症などのアレルギー疾患が増えます。さらに腸内の悪玉菌がタンパク質を分解してできる有毒なガスが便秘のために肛門から出られないと、ガスは大腸の毛細血管を通じて血液中に溶け込み、皮膚炎や肺の病気などの原因となります。

また、悪玉菌は強力な発がん物質をつくることもわかっています。最近ふえているクローン病や潰瘍性大腸炎などの腸疾患も悪玉菌が関係していると言われています。悪玉菌が増えるとTh2細胞が異常に活性化し、免疫系のシーソーのバランスが崩れてTh1細胞の活性が落ちるのです。
つまり、免疫力を適生に整えるには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが重要です。善玉菌にはTh1細胞の活性を高め、全身の免疫バランスを整える働きがあるのです。