医療で使用される高濃度CBD製品の4つのタイプ

CBDまたはカンナビジオールとして知られる精神作用しない、非常に治癒力のある大麻化合物が医療大麻革命の火付け役となりました。大麻は数十年にわたり禁止されてきましたが、教育および証拠が広まるにつれて大麻の受容は確かに前進し始めています。研究では、てんかん、がん、痛み、関節炎、不安障害およびその他を含むさまざまな疾患の治療においてCBDのメリットが証明されてきました。CBDは抽出され、それぞれ異なる必要性およびライフスタイルに適切な、さまざまな薬剤に加工されることができます。このガイドではそのいくつかを紹介します。

CBDオイル

近年、特にCNN局によるドキュメンタリー「Weed」以降、高濃度CBDヘンプオイルの人気が活性化しています。「Weed」に、濃縮液を経口投与することで発作がほとんどでなくなった5歳のシャーロット・フィジーについて奇跡的なストーリーが取り上げられていたからです。ヘンプオイルは、原料の植物からCBDなどのカンナビノイドを除くナフサ抽出またはイソプロパノール抽出によって生成される食用可能な液体オイルです。他の炭化水素溶剤も同様のオイルを生成するのに使用されることがあります。CBDオイルは味を良くするためにスムージーなどに混ぜたり、CBDカプセルとして簡単に飲み込んだりすることができます。

大麻チンキ剤

チンキ剤は通常舌下投与される大麻抽出液です。アルコールまたは植物性グリセリンに浸けられた大麻チンキ剤は、アメリカで禁止されるより以前から大麻薬の一種として存在していたものです。チンキ剤はオイル抽出液より濃縮されていない傾向にあるため、より穏やかな症状およびストレス緩和により適しています。強い痛みおよびその他の疾患の改善を試みる患者は、より効き目のある代替薬を探し求めたいかもしれません。

大麻外用品

大麻から派生する外用品は、さまざまな痛みおよび苦痛を治療する患者にとって人気製品となってきました。外用品は直接皮膚に塗布することで、局部的緩和をもたらし、また時にCBDだけでなく多様な治療的化合物を含んでいます。バームや軟膏は精神作用しないので、外用品は職場や日中の治療を必要とする患者にとって素晴らしい選択肢なのです。

高濃度CBDの大麻株

医療大麻が認可されている州に住んでいるなら、高濃度CBDの大麻株を探してみてください。多くはほんの微量しかTHCを含有しないように交配されてきたので、どのような方法で摂取したとしても精神活性的な“ハイ”になる効果を生み出しません。

*注意:すべてのCBD補助食品が、症状に効果的であるわけではありません。症状に適切な薬剤であることを保証するため、必ず医師に相談してください。

*注意:本記事は、低価格でヘンプから派生するカンナビジオールにおいて最も信頼できるオンラインショップ、DiscoverCBD.comに支援されています。

出典 : leafly