要約!大麻およびカンナビノイドの治療可能性

要約

背景
大麻系医薬品は、20年前にエンドカンナビノイドシステムが発見されて以来、集中的な研究の題目となってきました。2011年に初めて、ドイツで大麻の抽出物が臨床用途のために認可されました。

方法
選択的論文の概説

結果
大麻系医薬品は、主にカンナビノイド受容体(CB1およびCB2)の活性化を通じてその効果を発揮します。1975年以降、さまざまな症状のため、カンナビノイドまたは全草製剤に関する100以上の比較臨床試験が実行されてきました。これらの治験の発見は、いくつかの国々で大麻系医薬品(ドロナビノール、ナビロンおよび大麻抽出物{THC:CBD=1:1})の承認をもたらしてきました。

ドイツでは2011年に、多発性硬化症における深刻な難治性けいれんを緩和する治療のため、大麻抽出物が認可されました。承認適応症外でも拒食症、吐き気、神経障害痛の治療としてよく使用されています。また患者は医師の指示の元、自己治療のために医療大麻の花を購入する許可を政府に申請することができます。

カンナビノイドの副作用として最も一般的なのは、疲労感およびめまい(10%以上の患者に見られる)、精神的影響、口渇です。これらの副作用に対する耐性はたいてい短い期間で発達します。治療環境において離脱症状は滅多に問題となりません。

結論
さまざまな病状の治療に関してカンナビノイドが有益である明白な証拠があります。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed