大麻が自閉症の子供に役立つ理由:イスラエルで臨床検査

自閉症のための大麻

50年前、自閉症について聞いたことがある人はほとんどいませんでした。 現在、ほとんどの人が、何らかの自閉症傾向を持っている子どもがいる人を少なくとも1人は知っています。世界保健機関によると、160人の子どものうちの1人が自閉症であり、米国では68人に1人になると考えられています。

一般に自閉症の症状は12〜18ヶ月の間に現れます。その症状はコミュニケーションが困難であること、人間関係を形成することが明らかにできないこと、興味の範囲が異常に限定されていることおよび、知覚異常の問題が特徴です。

自閉症スペクトラムの症状の重いものとしては、しばしば、知的障害、自傷傾向、感情の爆発、強い不安または強迫的行動、そして30%にはてんかん発作を伴います。これらのすべてのために、子どもの苦しみを和らげるために何もできない無力であることが多い親にとって、重度の自閉症児と一緒に生きることがつらい体験となっています。

自閉症児を助けるために親は大麻に注目

アビゲイル・ダーが多くの人よりも詳しく知っていること

重度の自閉症である23歳のユヴァルの母親はこう言っています。「重度の自閉症と暮らしていない人は、それが何を意味するのかを本当に理解できないと思います。それは地獄の影の中の人生です。あなたは大切に想い愛する人とともに生きていますが、彼は落ち着きがなく、不安がり、叫びます。そして彼は行ったり来たりして、あなたは彼が望むものを理解できません。そして、まさに毎日の日常的な自傷や崩壊はともかくとして、彼は家全体を狂気に駆り立てます」

イスラエルのアビゲイルは、子どもの自閉症を軽減するための切り札として医療大麻に目を向ける、今増えつつある親の一人です。昨年から、彼女はユヴァルに大麻を与えていますが、当初から、その結果は目覚しいものでした。

自閉症に対する医療大麻の効果

「それは魔法のようでした。私の息子は、穏やかな人になり、より集中し、顔に笑みを浮かべ、1年以上も自傷行動や感情の爆発はみられませんでした。それは私にとっても彼にとっても奇跡です。人生は変わりました。あなたは常に怯えることなく、彼と時間を過ごすことができるのです」

ユヴァルの場合だけではありません。彼は、増加しつつある、医療大麻を服用して明らかに変容した重度の自閉症児の逸話的な話のひとつです。小説家のマリー・ミョン-オク・リー氏の場合、標準的な選択肢である抗精神病薬よりも医療大麻を選び、9歳の息子Jに大麻を与えることを決めました。マリノール(Marinol)と呼ばれる合成カンナビノイド薬を最初に始めた後、彼女は全草の医療大麻に目を向けました。

「私たちが彼の「特別なお茶」を始めてから、時には痛みの仮面をつける小さなJの顔が和らぐようになりました」と、リー氏は書いています。「彼はよく笑うようになりました。昨年のほとんどは、一日を苛立ちや不本意な混乱に費やしたために、彼の特別支援学校での個人教育計画は空白だらけで、「進歩なし」と記録されていました。しかし、そのお茶を始めるとすぐに、彼の報告は、「攻撃性のない2回の集団の外出」を含む実際の進歩を示すようになりました」

自閉症児のために開発された特別な大麻品種

他の有名なケースには、医療大麻が自閉症の息子ジョイを助けたことを発見した後、自閉症のための非慣習的基金を設立した母のミエコ・ヘスター-ペレス氏の例があります。ドラベ症候群に苦しんでいたシャーロット・フィジーとシャーロットの贈り物(Charlotte’s Web)によく似たケースとして、へスター・ペレスはクシュマン・ジェネティクス(Kushman Genetics)社とともに、ジョイズ株(Joey’s Strain)と呼ばれるてんかんの子どもを対象とした高THC大麻変異体を開発しました。自身の基金を通じて、彼女は自閉症のための医療大麻の実施要項(プロトコル)に関して患者の両親に定期的に助言しています。

米国における「自閉症児のための医療大麻を提唱する母親たち」やイスラエルのクヴァツァト・ハシビムのような両親グループや逸話的な報告例が急増しているにもかかわらず、自閉症の治療のために医療大麻を使用することはいまだに論争の的であり、医療大麻が許可されている国や州であっても、自閉症は医療大麻の適用条件とはみなされません。

科学者は大麻が自閉症児に役立つ理由をエンドカンナビノイドシステムに求める

しかし、研究はエンドカンナビノイドシステムと自閉症とのつながりの可能性について次第に注目するようになっています。1990年代に発見されたエンドカンナビノイドシステムは、睡眠、食欲、免疫系、痛み、気分および炎症などの機能の調節に作用している、レセプター(CB1およびCB2)および体内の大麻類似化合物の広範なネットワークです。

神経治療学(Neurotherapeutics)という雑誌に掲載された論文「自閉症におけるエンドカンナビノイドシグナル伝達(Endocannabinoid Signaling in Autism)」の記事によれば、「エンドカンナビノイドシステムは感情反応、前後関係に対する行動反応、社会的相互作用を制御している。 従って、この内因性回路の改変が自閉症の表現型に寄与している可能性があるという仮説を立てることができる」とあります。

科学者たちは、自閉症の場合の高レベルの神経炎症と、CB2の高い活性を認めた予備的データとの間の関連性についても発見しました。このことは、「この神経行動学的症状の発病に関与している炎症誘発性応答を抑制することを目的とした負のフィードバック応答である可能性がある」ことを示唆しています。

研究はまた、エンドカンナビノイドシステムが、自閉症に伴って発生する付加的な障害のいくつかにおいても何らかの役割を果たしているとも考えています。不規則な睡眠パターンは一般的にもよく起こりますが、体が生まれつき持っている体内時計の乱れが原因です。概日リズムとして知られていますが、これはエンドカンナビノイドシステムにより部分的に調整されています。そして、これにより、ダー、リー、へスター・ペレスのように、医療大麻を摂取することによって子どもの睡眠が大幅に改善されるのを目撃した親たちの経験を説明することができます。

高レベルの不安もまた、重度の自閉症の人々が共通して経験することです。非精神性の大麻草のカンナビジオール(CBD)は、科学的研究において、抗精神病薬であると同時に抗不安効果を有するという強い証拠を示しています。そして、それにより、アビゲイル・ダーの息子ユヴァルのように、高CBD系統の大麻の投与により不安と強迫行動のレベルが低下した理由を説明することができます。

てんかんのためのCBD

てんかん患者の発作を減少させるカンナビジオールの効果に関する証拠が増えていることもまた、CBDがてんかんをもつ自閉症児の30%に対して潜在的な治療用途があることを示しています。しかし、それが2つの疾患の間の「画一的なアプローチ(ワンサイズ・オール・アプローチ)」だと言っているわけではありません。自閉症の投薬および負担に関するガイドラインは、医療大麻が利用可能なほとんどの国で適格条件とみなされているてんかんと比較して一般に不足しています。多くの両親にとって、てんかんと同様のプロトコルに従うことは、最初の一歩ですが、必ずしも最良の結果を保証するわけではありません。

てんかんのための標準的な大麻治療は、たいていはごくわずかのTHCを含む高濃度のCBDによりますが、アビゲイル・ダーは、その治療によって極度に活動的で落ち着きのなくなった息子ユヴァルには不適当であると見出しました。だからこそ、彼女は単一のカンナビノイドではなく全草の抽出物と自閉症に関するより多くの研究を提案しているのです。

「この植物には111種類のカンナビノイドがあることが知られていますが、私たちはCBD/THCについて話題にしています。なぜなら、CBD/THCが、私たちが知っている主要なカンナビノイドで、ほとんどの研究室で調べることができるものだからです。しかし、私たちはまた、私たちの子どもたちを助けるために何らかの作用をする他の多くのカンナビノイドやテルペンのアントラージュ効果についても知っています」

テルペンと側近(アントラージュ)効果

ダーは、シャーレ・ゼデック医療センターの小児神経科長であるアディ・アラン博士と共に、大麻による自閉症の治療効果を調べる草分け的な臨床研究に取り組んでいます。11月15日には、実験で調べる株の数に、より多くの全草品種の全草を含めて増やすための資金を調達する目的でクラウドファンディングキャンペーンを開始します。

「私は、全草のためにクラウドファンディングを行っています」とダーは言います。「投資家にとって全草が魅力的ではないことは知っています。全草でFDAの承認を得ることはできませんし、特許を得ることもできません。しかし、全草の大麻が現時点で、私たちの子どもたちを助けてくれるものなのです」

この臨床試験が、大麻が自閉症に効果があることを証明すれば、イスラエル保健省は、自閉症が適格条件であると認識してくれると、ダーは非常に強く感じています。

「私がユヴァルと治療を始めたとき、私は(彼の医療大麻カードを)要請しなければならず、彼は慈悲の治療の下で医療大麻カードを入手しました。彼らはユヴァルにすべての抗精神病薬を与える慈悲がないことを意味していますが、大麻を得るためにユヴァルは慈悲の治療の資格を得なければなりませんでした」

彼女は続けます。「これは大麻と自閉症に関するその種の研究では最初の臨床研究になるでしょう。そしてこれは成功しなければなりません。なぜならば、純粋なCBDや単離されたカンナビノイドを与え、それが自閉症のために作用しなかった場合、人々は与えられた結果をわざわざ正確に読むようなことはしないので、大麻が自閉症の人には有効ではないとだけ読み取ってしまうために、その結果が決定的になってしまっているからです」

動画で紹介:CBDオイルが自閉症の自傷行動を抑制する

アビゲイルは、カンナキッズASD(Cannakids ASD)の政策支持者であるミエコ・ヘスター-ペレスとジャニー・メドラーによる、クラウドファンディングキャンペーンの推進に参加しています。その一方で、アビゲイルは、息子や他の人の生活の質の向上が戦いに値すると確信し、医療大麻によるユヴァルの治療を続けています。

「彼らにより良い生活を送らせてあげましょう」と彼女は言います。「そして、その後、私たちは彼らを癒すことができるか、実際にもっと集中させたり、混乱を減らしたりさせることができるかどうかを見ていきます。しかしどこかで始めましょう」

自閉症に効果があるENDOCA社のCBDオイル・初めての方におすすめ

CBDオイル ドロップス 300mg

CBDオイル ドロップス 300mg Cannabidiol(3%) 1ヶ月タイプ
価格:4,980円 (税込)

CBDオイルカプセル CBD 300mg 含有

CBDオイルカプセル (CBD)300mg 30錠タイプ
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイル ドロップス300mg

ロウCBDオイル ドロップス300mg CBD+CBDa(3%)
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg
価格:4,980円 (税込)

ENDOCA社医薬グレードCBDオイルをお求めの方におすすめ!

CBDオイル ドロップス 1500mg Cannabidiol(15%)
CBDOIL ドロップス 1500mg Cannabidiol(15%)
価格 23,980円 (税込)

カンナビジオールが15%含有されている加熱済みCBDオイルを1日に約170〜180mg(20滴以上)を摂取することで、てんかん発作を回数を緩和することが取り上げられています。
この加熱済みという表現は、ヘンプ植物中に含まれている成分は本来CBDAという化合物、それに熱を加えることによりCBDという成分に変換されるようです。

エンドカ社 ロウCBDオイル2000mg CBD+CBDa(20%)
ロウCBDオイル2000mg CBD+CBDa(20%)
価格 40,450円 (税込)

ENDOCA社が誇る医薬グレードなCBDオイルも存在します。この商品は液体タイプではなく、ペーストタイプです。

ロウゴールデンCBDオイル3000mg CBD+CBDa (30%)

ロウゴールデンCBDOIL3000mg CBD+CBDa (30%)
セール価格 48,968円(税込)

ENDOCA社が発売しているCBDオイルの中で最高濃度を誇るロウゴールデンCBDオイル。世界中の多くの方に支持されている最高のCBDオイル!

出典:ENDOCA

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)