研究を要約!大麻系医薬品の治療可能性

要約

大麻から分離されたカンナビノイドをモデルにしている、カンナビノイドを元にした薬は、哺乳類のエンドカンナビノイドシステムの機能に大きく影響を与えることが知られています。このシステムは脳内だけでなく、免疫系を含む末梢神経および器官でも活動します。天然および合成カンナビノイドは、内在性生理的リガンドがエイコサノイドである、三環式テルペンです。

これら化合物に対するいくつかの受容体、CB1およびCB2、Gタンパク結合受容体は詳しく述べられてきました。しかしカンナビノイドを元にした薬はまたこれらの受容体から独立して機能することも実証されています。カンナビノイドは多くの生理作用を調整し、その免疫における影響は通常、サイトカインカスケードの強力な調節因子として抗炎症性です。

この抗炎症性の効能は、慢性炎症性の研究所パラダイムおよび一部のヒト疾患におけるこれらの薬剤の試験をもたらしてきました。デルタ9-テトラヒドロカンナビノール、カンナビジオール、HU-221、およびアジュレミン酸など、精神作用する、および精神作用しないカンナビノイドを元にした薬物は検査され、多発性硬化症、外傷性脳損傷、関節炎および神経障害痛の臨床実験において適度に効果的であることが発見されています。

さらに、臨床実験はまだ報告されていませんが、カンナビノイドを元にした薬物の前臨床的データは、炎症性腸疾患、アルツハイマー病、アテローム性動脈硬化および骨粗鬆症などのその他炎症性疾患における有効性を示唆しています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed