安全で効果的な3つのCBDオイル抽出方法

CBDオイルの安全で効果的な抽出法と製造法についてご説明しましょう。

CBオイルの抽出は、まずCBDが豊富な植物を選ぶことから始めます。ヘンプからオイルを抽出するには様々な方法がありますが、いずれも優れている点と悪い点が挙げられるでしょう。比較的、安全で効果的な方法もいくつか考えられます。ブタンやヘキサンといった神経毒性溶剤で作られたヘンプオイルの場合は、免疫機能を損ない、治療効果を妨げる安全とは言えないカスが混入していることもあります。

【二酸化炭素抽出法】

この臨界超過(または亜臨界)の二酸化炭素抽出法は、高圧力と超低温の環境下で二酸化炭素を用いて分離し、保存し、医療オイルの純度を保つものです。このプロセスには高額な設備と、高い技術が必要になります。しかし成功すれば、安全で有効性が高く、葉緑素を含まない製品ができます。
【エタノール】
ハイグレードな穀物アルコールの場合は、ペン型ヴェポライザーのカートリッジ等の製品に適した、質の高いヘンプオイルの抽出が可能です。この抽出法は、メイカーによっては珍重されています。

【オリーブオイル】
エクストラ・バージンオイルなどのオリーブオイルも、ヘンプオイルの抽出に用いられています。オランダ厚生省に医療大麻を供給するベドロカンBV社のフィトケミカル研究所所長、アルノ・ヘイズカンプ博士によれば、この方法は安全かつ安価であると言及しています。ただし、CBD高配合であろうが、THC主体であろうが、ヘンプ入りオリーブオイルは腐敗しやすいため、冷暗所で保管されなければいけないと助言しています。

CBDオイルの保存方法は、20℃以下で保存することをどのメーカーも推奨しており、冷蔵庫保存が一番最適であることは間違いありません。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)