効果を徹底比較!天然由来CBDと合成CBD

天然由来CBD VS 合成カンナビノイド

イスラエルで、画期的な研究結果が報告された。合成の単分子CBDに比べると、CBD豊富な天然の大麻エキスのほうが治療には有効である、というものである。「天然」の植物性調剤は、純粋な単分子化合物よりも低品質かつ低パフォーマンスという従来の一般論。そんな医薬品業界および医療産業界のタブーのひとつに、2015年2月号のPharmacology & Pharmacy誌の論文が、大胆に切り込んだ。

この論文「カンナビジオールが豊富な大麻エキスによる、カンナビジオール釣鐘型状用量反応の打開」は、1992年の哺乳類大脳内における内因性カンナビノイド化合物アナンダミドの発見に寄与したルミール・ハヌス氏が共著者ということも手伝って、注目すべき研究だと言えよう。

エルサレムにあるヘブライ大学のハヌス氏と2人の研究者は科学論文を調査。過去15年の多くの前臨床試験で、リウマチ性関節炎、炎症性腸疾患、多発性硬化症、糖尿病といった病態の実験対象動物に純正単分子CBDが抗炎症効果を発揮した実績が着目されてきたことに言及した。

CBDはある一定の量を超えると、なぜかその治療効果が急降下する…純正単分子CBDの投与は釣鐘状用量反応曲線を描くということを、これら研究結果は端的に表している。「少なくても多くても効果はない。だが非常に限られたある一定の量でCBDが服用されることで、効能が発揮される」。そう論文では分析されている。この釣鐘状用量反応で分かるように、単分子CBDは、臨床現場においてはその効能を制限してしまう大きな障害となりかねない。

イスラエルの研究チームはマウス実験を試みることにした。天然由来CBDエキスの投与でも、釣鐘状用量反応曲線はあらわれるのか否か?研究チームは書いている。「本研究の目的は、純正CBDによる釣鐘状用量反応を起こさないCBDを発見することである」。

科学者たちは、医療大麻を栽培するイスラエルのティクン・オラム社から「アヴィデケル」とよばれるCBD豊富な品種を入手した。本研究では「クローン202」と呼ばれるこのアヴィデケルは、THCをほとんど含まないため中毒性がない。アヴィデケルの原産地スペインでは、乾燥重量でCBD約20%、中毒性成分をほぼ含有しない「カンナトニック」の表現型を育てる栽培者がいる(同じ多収穫品種のCBD高配合品種は、カリフォルニア州では「ACDC」として知られる)。

イスラエルの研究者たちは、クローン202からCBDオイルを抽出した。この抽出物―――CBD17.9%、THC1.1%、CBC(カンナビクロメン)1.1%、CBG(カンナビゲロール)0.2%、さらにCBN(カンナビノール)とCBDV(カンナビジバリン)が微量―――が、抗炎症および鎮痛への効能を測定すべく、マウスに投与されたのだった。

比較するにあたり、チームは別のマウスたちに純正合成CBDを投与し、その抗炎症および鎮痛への効能を査定した。また、単分子CBDと天然大麻CBDのどちらが全身性炎症を示す分子、腫瘍壊死因子α(TNF-α)の産出を抑制したかをも比較した。その結果、TNFアルファ生産の調節異常は、がん、アルツハイマー、うつ、そして過敏性腸症候群といったいくつかの症状において発現された。

この純正CBDの試験は、既に初期に行われていた臨床前研究の結果を再度立証するものとなった。やはり単分子CBDの投与は、狭い治療指数で釣鐘状用量反応曲線を描いたのである。

しかしクローン202エキスがマウスに投与された時、違った服用反応パターンが確認された。純正CBDがある濃度に達した時に現れる釣鐘状曲線ではなく、天然CBDエキスが、直線的な、痛み、炎症、TNFアルファ生産の服用由来の抑制を起こした。研究チームはこう分析した。「純正CBDとは真逆で、クローンエキスの例は、抗炎症および痛み止めの作用とその用量との間に明確な相互関係があることを表している。服用すればするほど反応も増えるこの植物性薬品は、医療使用に理想的だと言える」。

さらに研究チームは、同じ鎮痛効果を得るには、大量の純正CBDよりも、少量のクローン濃縮液中のCBDのほうが有効であることを発見した。純正であるのにもかかわらず、単分子CBDはある一定量以上の服用により、その効能が激しく低下した。天然由来CBD高配合エキスのほうは「服用過多」を起こしても、その治療効果が徐々に衰えることもなかった。最適量以上のクローン202オイルの場合は、その効果は横ばいとなり、医学的な平坦域に達した。

この研究で、大麻草クローン202エキスが「CBDよりも、炎症性症状の治療に有効」だということが判明した。CBD、多くの微小フィトカンナビノイド、更に数百もの非カンナビノイド植物化合物。これらが相関して起こす、付加的・シナジー的相互作用によって、天然大麻エキスの優れた効果が説明できる。エキス中に存在する他の成分が、CBDと協同して、純正CBDの釣鐘状用量反応曲線の打開する抗炎症作用を発現しやすくするのではないか、そう研究チームは推測する。

科学者らは市販の鎮痛剤や抗炎症薬品と比較するために、CBD高配合大麻草エキスをどう試験するべきかも重要だと感じていた。彼らは純正CBDとクローン202エキスの両者に、アスピリンよりも優れた抗炎症作用があることを発見した。アスピリンは、TNFアルファ生産をやや阻害したものの、純正CBDとクローン202の強い抑制効果と比べるとわずかなものであった。トラマドール鎮静剤では、このような結果にはならなかった。

腫瘍細胞におけるカンナビジオールの抗増殖性作用と、膀胱収縮性を抑制するCBDについての最近のレポートによって、他の大麻草成分の存在が、CBDの用量反応を改善するという発見が支持されている。

イスラエルの研究チームはこう結論付けている。
「治療薬として理論的に解明すべく、古来伝えられてきたこの薬草を分離し、その成分の性質を調べるため多くの調査がなされてきた。従来は合成薬剤の投薬しか道がなかった数々の病。それらを治療できる植物性調剤の新たな世代をもたらすためにも、我々の調査データは他の研究データと共に、その合法性を表明している。植物エキスの研究で観測された治療シナジー効果は、より少ない活性化成分で、副作用を軽減することができるのだ」。

出典翻訳:PROJECT CBD

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)