再評価されるCBD薬の歴史を簡単におさらい!

イギリスの大麻系製薬会社GWファーマ社のあゆみ

1998年の春、英国政府は、大麻を栽培し、臨床試験向けの高精度かつ均質な抽出物を開発するため、GW製薬という会社を認可しました。GW社の創始者の一人ジェフリー・ガイ医学博士は、CBD高含有植物を用いることで向精神作用がほぼ、もしくは全くない大麻系医薬品を製造できると確信し、またそれを英国内務省にも確信させたのでした。

その夏ガイは、今後の取り組みについて、ICRS(国際カンナビノイド研究協会)の会議上で発表します。THCの向精神作用を払拭することに加え、CBDそれ自体に効能があることを論じたのです。そして、アメリカ人園芸家デイヴィッド・ワトソンとロバート・クラークが経営するオランダの種苗会社ホルタ・ファーム社の協力で、独自の高含有CBD品種を獲得しました。

民間療法から科学で証明された治療薬へ:CBDの歴史

高含有CBDには、健康問題に関わってきた長い歴史があります。19世紀の英国ヴィクトリア女王は、生理痛に高含有CBD大麻草を用いていました。数多くの動物実験を通し、CBDが不安感、さらに発作のひどさや頻度を軽減すると論じられてきました。しかし数年前までは、高含有CBD品種をカリフォルニアや他の地域の大麻使用者が入手することは、通常ではできませんでした。最大限のTHC量や、強烈な「ハイ状態」を求めて大麻草栽培をしてきた世代は、アメリカの大麻草産地である北カリフォルニアのほぼ全ての大麻品種が含有していたはずのCBDの量を減らしてきたのです。

臨床カンナビノイド学会の創設者トッド・ミクリヤ博士は、数々の分析試験所が医療大麻産業に尽力し始めたら、北カリフォルニアの「丘の上の我らがバーバンクス」は、高含有CBD品種開発を発展させることだろうと、その希望を表現しています。

年々、CBDに関する有望な科学的調査が、ICRS、カンナビノイド医学国際協会、そしてPatients Out of Time(※注)での会合で次々に発表されています。カリフォルニアにはそうした研究に着目し続ける医師たちが存在し、オショーネシー誌(O’Shaughnessy’s:医療大麻専門誌)も取材しています。しかしながら、オークランドのスティープヒル研究所が、ハーバーサイド健康センターから得た大麻草のサンプルを試験し、THCよりもCBDを多く含有するいくつかの品種を発見した2009年の秋までは、我々は観察者に過ぎず、当事者ではなかったといえるでしょう。

ほどなくして、医療大麻を扱う州の数十もの研究所が、カンナビノイドの割合と高含有CBD品種を特定することになります。データ収集のために、我々はまず「高含有CBD」を乾燥重量で4%以上のものと定めました。高含有CBD濃縮液、抽出オイル、高含有CBD製品を扱う零細産業を育成し、CBDとTHCがほぼ同量のバランスのとれた品種に加え、CBDとTHCが20;1の割合以上という一握りのCBD優勢品種が発見されたのです。

※Patients Out of Time:医療大麻を必要としている患者を中心とした団体。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)