強力な抗酸化物質!THCとCBDの分子的側面を理解する

要約

テトラヒドロカンナビノール(THC)およびカンナビジオール(CBD)分子の抗酸化的性質を理解するために、DFTを利用してαトコフェロール、ブチルヒドロキシトルエンおよびヒドロキシトルエンの単純化モデルと、THCおよびCBDの抗酸化的メカニズムを比較しました。

フロンティア軌道性質、イオン化ポテンシャル、O-H結合解離エネルギー(BDEOH)、安定化エネルギー、スピン密度分配などの電子特性が評価されました。 THCの抗酸化作用における影響を示す重要な要素は、フェノールの位置における電子抽出です。我々のデータはHOMO値の低下を示し、最も高いイオン化ポテンシャル値はフェノール、エーテルおよびアルキル部分に関連しています。

一方で、フェノールのオルト位でシクロヘキセニル・グループを伴う分子におけるBDEOHは、メタ位のエーテル・グループを伴う分子よりも低いエネルギーで形成されます。この結果をふまえて、ここで計算された特性はTHCがCBDよりもわずかに高い抗酸化の可能性を持つことを予測します。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed