枯葉剤被害に遭った退役軍人がCBDオイルの効果を実感!

米軍軍曹のダグラス・ウィリアムズはたった22歳のときにベトナム戦争に送られ、“ディティボポッパー”としてタイと日本に駐在していました。ディティボポッパーとは、後に別の部隊で翻訳するためにモールス信号を受信し、書き留める仕事を持つ人に与えられたJOVIAL用語です。他の多くの兵士たちと同じようにダグラスも、国のために仕えながら残酷な化学物質、枯葉剤に汚染されました。その時は、それによって残りの人生に影響が出るとは分かっていませんでした。枯葉剤は今では、恐ろしい健康状態や身体的奇形とほぼ同義語になっています。

枯葉剤が残した傷跡

しかしベトナム戦争の間は、その影響はほぼ推測できませんでした。除草剤や枯葉剤として使用される極めて有害な化学薬品が、ベトナム戦争中に米軍によって使用されました。枯葉剤は、米軍がベトナムや東南アジアの鬱蒼とした広大なジャングルを切り進むのに役立てられました。しかし当時は、この有害な化学薬品とその活性成分ダイオキシンが、その薬品に触れた地元民や軍人に対してどれほどひどい影響を及ぼすか誰も分かっていなかったのです。50年が経った今もなお、枯葉剤が持ち続ける健康に及ぼす有害な影響を認識し始めたばかりです。

枯葉剤またはナパームは今、複数のタイプのがんや神経疾患、今もなお続く出生異常を含む膨大な数の解決が難しい健康問題に関連づけられています。ダグラスは枯葉剤と接触した結果、ひどい足の神経障害痛、関節炎、また最近ではII型糖尿病に苦しんでいる、と娘のジェニファーは言います。今ダグラスは、その他多くの退役軍人と同様、1日を乗り切るためにさまざまな薬を飲まなければなりません。

しかしある日、ダグラスはもうたくさんだと思いました。神経障害痛薬を飲むと、極度のめまいが起こり、日々の生活を行うことができなくなります。そのため、過剰な痛みとひどいめまいのどちらを取るか、決断しなければならなくなりました。ある夜、処方薬を飲んだ後、ひどいめまいのために転んでしまったダグラスは、頭をひどく切ってしまったのです。ダグラスはこの出来事がきっかけで、処方薬を飲むことの良い点と悪い点を考え直さなければならなくなりました。このまま処方薬を飲み続ければ、さらなる転倒や怪我を引き起こしかねない極度のめまいに対処しなければなりません。一方で、処方薬をやめれば、神経障害痛と関節炎の壊滅的な痛みに向き合わなければなりません。

それでもダグラスは後者を選びました。彼は医師に、これ以上神経障害痛の薬を飲むことはできないと伝え、耐えがたい苦痛に満ちた人生を選んだのです。選択肢はあまり残されていませんでした。他の医薬品はこれまでの処方薬と大差ないということが分かっていたダグラスとジェニファーは、別のオプションを探し始めました。その時にダグラスは初めて大麻薬を紹介されたのです。

輝いたCBDの可能性

「友人がTHCキャンディとCBDクリームを紹介してくれました。父はある朝、使い走りに行く前にTHCキャンディを摂りましたが、後になってTHCは二度とやらないと言ってきました。気持ち悪くなって、頭がクラクラして何が起こっているか分からなかったそうです」 CBDクリームは痛みをわずかに緩和してくれましたが、匂いがあまりに強烈で、また続けたいと思うほどの鎮痛効果が得られなかったとダグラスは感じました。ジェニファーは毎日親が苦しむのを見ていなければならない子供として、父の痛みと苦しみを和らげるものを見つけようと必死でした。友人はCBDクリームを送り続けると約束してくれましたが、その痛烈な香りと何よりも非常に高価であったことから、2人は最終的にダグラスに合っていない製品に多額のお金を払うのは続けられないと判断しました。

さらに、その友人はCBD製品を購入するために州をまたいで旅しなくてはならず、その遠出を延期し続けました。ジェニファーはうんざりしてしまいました。ジェニファーは、父が必要とする安らぎを得るために何もしないのは耐えられませんでした。「私は失望して、ユタ州に配送してくれるCBD販売特約店を検索しました。ENDOCAだけがユタ州に配送してくれる上に、手頃な価格だったんです。私は試しに10mgCBD錠剤を購入しました。残念ながら、父の痛みはあまりにひどく、10mgでは全く十分ではありませんでした。父は、ほんの少しは緩和されたと言いました。今度は錠剤を2錠にしてみました。それも効果はわずかでした」効果はごくわずかでしたが、CBDを引き続き摂取することを決めるのには十分でした。

さらに、その友人はCBD製品を購入するために州をまたいで旅しなくてはならず、その遠出を延期し続けました。ジェニファーはうんざりしてしまいました。ジェニファーは、父が必要とする安らぎを得るために何もしないのは耐えられませんでした。「私は失望して、ユタ州に配送してくれるCBD販売特約店を検索しました。ENDOCAだけがユタ州に配送してくれる上に、手頃な価格だったんです。私は試しに10mgCBD錠剤を購入しました。残念ながら、父の痛みはあまりにひどく、10mgでは全く十分ではありませんでした。父は、ほんの少しは緩和されたと言いました。今度は錠剤を2錠にしてみました。それも効果はわずかでした」効果はごくわずかでしたが、CBDを引き続き摂取することを決めるのには十分でした。

CBDオイルが完全にナチュラルで、処方薬が持つ副作用がないという事実、そして少しでも効果があったという事実は、2人が諦めないために必要な兆候でした。そしてそれは起こりました。ENDOCAが昨年、ジェニファーが必要としていたセールを行ったのです。ジェニファーはすぐにウェブサイトを開き、最後のチャンスとして1500mgの錠剤を購入しました。ダグラスははじめ乗り気ではありませんでした。これまであまりに多くの錠剤を飲み、あまりに多くのさまざまな副作用が出てきたため、何か新しいものを試すのはダグラスにとって耐えられる力がないことのように思われたのです。しかし話し合い後、ダグラスは1錠を飲みました。そのたった1錠が変化を起こしました。ジェニファーはその時のことを思い返しながらこう述べました。「父は、初めて一晩中、神経障害痛に起こされることがなかったし、骨関節炎も耐えられるものだった、と言ったんです。小さいけれど、過去に比べたら信じられないほどの効果でした」

ダグラスは今、調子のいい日には出かけてバイクに乗ったり、愛犬と外で遊んだり、家や裏庭で作業したりすることができます。調子の良くない日には、ひどい痛みのためにソファで休んでいることしかできません(幸運なことに、愛犬たちはとても理解があり、どうにかしてダグラスを慰めようとします)。最近は50mgのCBD錠剤を飲むだけで、起き上がって何かをすることができます。まだ先は長いですが、従来の処方薬にありがちなひどい副作用がないナチュラルな製品があると分かっていることで、ジェニファーとダグラスはこれからも生活の質を改善できると希望を持っています。

「私たちはENDOCAのウェブサイトを見つけたことを非常に嬉しく思っています。父は最近、週末の戦没者追悼記念日のキャンプに備えて50mgのCBD錠剤を数個購入しました。やり通せるか分からないけれど、CBDオイルがある限り大丈夫だ、と父は話しています」

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)1500mg
ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)1500mg
価格:23,980円 (税込)

CBDオイルカプセル (CBD)1500mg
CBDオイルカプセル (CBD)1500mg
価格:23,980円 (税込)

ロウCBDオイル ドロップス1500mg CBD+CBDa(15%)
ロウCBDオイル ドロップス1500mg CBD+CBDa(15%)
価格:23,980円 (税込)

CBDオイル ドロップス 1500mg Cannabidiol(15%)
CBDオイル ドロップス 1500mg Cannabidiol(15%)
価格:23,980円 (税込)

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)