安全なCBDリキッド選び:植物性グリセリンを知る

グリセリンは、保湿剤として医薬品や化粧品に広く使われています。化学名を1,2,3-プロパントリオールという、3個の水酸基を持つアルコールの仲間で、水に溶けやすい性質のため、ほとんどの化粧水に使用されているといっても過言ではありません。そのほかにも保湿剤、甘味料、軟化剤の用途で、食品添加物としても使われています。今回は、植物グリセリンのヴェポライザーでの使用についてまとめました。

植物性グリセリンとは?

グリセリンは、自然界では、中性脂肪(トリアシルグリセロール)やリン脂質などの構成成分として広く存在しています。グリセリンは油脂から合成される植物グリセリンと、石油から化学的に合成されるものの2種類に大別できます。植物性の油脂から合成される植物グリセリンは、生物に含まれる中性脂肪(トリアシルグリセロール)をグリセリンと脂肪酸に加水分解して得られます。

また、そのほかに、油脂とメタノールとのエステル交換反応により脂肪酸メチルエステル(バイオディーゼル燃料の主成分)を製造する際の副産物として得られる場合もあります。原料として獣脂などが用いられる場合もありますが、ほとんどがパームオイルなどの植物性の油脂が原料として使われています。

植物グリセリンは、プロピレンから化学的に合成されたグリセリンと比べて、製造コストがかかりませんが、不純物が多く含まれています。そのため、純度の高い製品を得たい場合は、イオン交換や蒸留などを行い、精製する必要があります。

植物グリセリン吸引の安全性

グリセリンは、食品添加物としても用いられているほか、利尿薬、目薬、脳圧降下薬などとして医療用にも用いられているくらいですので、体内に摂取しても害はないと考えられています。急性毒性の試験でも、ラットに経口投与した場合、LD50(半数致死量)= 27200mg/kgという結果が得られており、ラットと人間を全く同じに考えることはできませんが、この数字を、仮に体重60kgの人間に当てはめると、1632gを一度に飲んでも半数の人は死亡しないということになります。

植物グリセリンそのものは安全であると考えられていますが、グリセリンは、沸点まで加熱するとアクロレインという物質に変化することが知られています。このアクロレインは、不飽和アルデヒドの一種で、強い毒性があるため(経口毒性LD50=82mg/kg)、毒物及び劇物取締法で劇物に指定されている物質です。

しかしながら、これまでの研究では、電子たばこなどのヴェポライザー製品に用いてもアクロレインの生成は見られていません。

グリセリンの吸引についての研究は、まだ歴史が浅く、吸引した際の人体への影響については、まだ明確な結論が得られていません。ヴェポライザー製品でアクロレインが発生しない理由など、まだ明らかになっていないことも多く、今後、さらに研究の必要はあると考えられますが、今の時点では体に害があると、はっきりとは言えないのが現状です。

ヴェポライザー製品に使用されている理由

ヴェポライザー製品のリキッドベースに一般的に用いられているのは、プロピレングリコールと植物性グリセリンです。
植物性グリセリンを用いる一番の理由が、まだ不明な部分は多いものの、植物グリセリンが、プロピレングリコールと比べて、安全性が高いといわれている点でしょう。

やや甘いフレーバーを持ちますが、他のエッセンシャルオイルとも合わせやすいので、ヴェポライザー製品のリキッドベースとして使いやすいです。また、植物グリセリンはプロピレングリコールよりも、ミストが多く発生することも好まれる理由となっています。

植物性グリセリンの効果・効能

*化粧水として用いる場合は、保湿効果が高いことが第一のメリットですが、吸引する場合は、ベースとして用いられており、特別な効果や効能は知られていないようです。

使用上の注意

植物グリセリンは、粘度が高いため、そのまま用いると、ヴェポライザーが詰まる原因になります。精製水やアルコールで希釈して使用します。プロピレングリコールに混ぜて使用する場合もあります。

また、植物グリセリンは、精製されていないものは不純物を多く含みます。これらの不純物には、発がん性のある物質が含まれているという報告もあります。植物グリセリンは、信頼できるメーカーの純度の高い製品を使うようにしましょう。

植物グリセリンは安全であるとされているものの、どんなものでも、大量に摂取すれば、体に悪影響を及ぼします。使用方法や使用量をきちんと守って使うようにしましょう。

ヴェポライザー

ヴェポライザー補充CBDオイル

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)