獣医も注目!病気のペットがCBDサプリメントで元気に!

ニューヨーク・タイムズ紙が、医療大麻の最新顧客ベースであるペットについてレポートしています。

リサ・マストラミコは痛みのひどい関節炎持ちの飼い猫リトル・キティのために、症状緩和を見つける必要を感じていました。サプリメントを数々試しましたが効果はなく、異例な選択肢、大麻に注目しました。最初は不安でした。自分は飼い猫をハイにさせる立場にないと思いました。

リトル・キティの病状は良くならず、大麻を試すべき時がきました。リサはまず医療大麻カードを入手してからペット用に特別に作られた食用大麻オイルを2種類購入しました。1つは口内に噴射するタイプです。

大麻オイルの摂取後、リトル・キティは年相応の猫のように、居間のカーペットで日向ぼっこしたり、リサの他の飼い猫と遊んだりしました。餌入れの器に頭を落とすようなハイになっているような行動は見せませんでした。目に見える変化は、リトル・キティが元気を取り戻したということだけでした。

ペットにはTHCではなくCBD

動物救助センターで働く 36歳のケイト・ノートンは、自分のペットの発作や不安症にヘンプ系製品を使用しています。動物に対する大麻の効果を理解するためには、大麻には数十種類のカンナビノイドが含まれることを知らなくてはならない、とケイトは言います。最もよく知られているのはTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)です。THCは精神活性作用があり、動物にとって有害です。

ペット用製品の製造には産業ヘンプが使用されています。THC量はごく微量ですが、CBDが豊富に含有されているので、精神活性化を引き起こすことなく、動物にとって安全です。

犬は非常にTHCに敏感だ、とオレゴン州ベンド市の獣医スティーブ・ブローベルトは言います。最近、複数の州で大麻が合法化されたことで、より多くのペットが息切れ、苦しんでいる状態で動物病院に運び込まれています。はじめ、飼い主はペットが大麻や大麻入りブラウニーを食べたことを否定するのですが、後になって白状します。

NYの獣医が製品を臨床試験中

獣医師でニューヨーク州議会下院議員のスティーブン・カッツは、ペンシルバニア大学獣医学部と連携し、不安症、可動性、かゆみ向けにカッツが開発したヘンプ系パウダーの臨床試験を行っています。顧客の多くが頻繁に飛行機に乗らなければならず、ペットを膝に乗せられるように鎮静剤を欲しがっていた、とカッツは話します。犬の心臓血管系や呼吸器系に対するきつい鎮静効果は懸念されるものだったので、解決策としてヘンプに注目しました。また、カッツはブロンクスにある診療所では多くのピットブルのアレルギーや不安症を治療しており、販売しているCBD製品の価格は処方薬とほぼ同じです。

ハイェスさんは2014年に大麻薬局を開店し、ロサンゼルスで医療大麻のデリバリーサービスを提供しています。彼女はペットとその飼い主を顧客としています。ペットを連れて店頭で相談やケアを受けられる総合サービスを始めたい、とハイェスさんは考えています。

ペット用のCBDオイル治療

数多くの事例証拠がペット向けのCBDオイル治療をサポートしていますが、ほとんどの製品に関して検査は行われておらず、口コミだけで広まっています。少なくともCBDオイルはペットに決して害を与えないとことだけは安心できます。

驚きの効果に大反響!使ったその日からその違いが実感できるENDOCA社のCBDオイル!!

CBDオイル ドロップス 300mg

CBDオイル ドロップス 300mg Cannabidiol(3%) 1ヶ月タイプ
価格:4,980円 (税込)

CBDオイルカプセル CBD 300mg 含有

CBDオイルカプセル (CBD)300mg 30錠タイプ
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイル ドロップス300mg

ロウCBDオイル ドロップス300mg CBD+CBDa(3%)
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg
価格:4,980円 (税込)

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)