癌治療におけるCBDオイルの効果:腫瘍学者の見解

腫瘍学者は、癌患者にカンナビスをすすめます。
しかし、彼は癌治療薬としてのCBDオイルの結果が肯定的であるとは確信していないと言います。

私たちはみんな、カンナビスが癌を治すことについての話がたくさんあることを知っています。
しかし、科学的な観点からはどうでしょうか?会見した審査官は、CBDオイルが癌の治療につながるという結果が肯定的で有望であるか、あるいは純粋に伝聞の問題であるかどうかを調べた腫瘍学者です。

ドナルドアダムス博士は、腫瘍学者として30年以上のあいだ、医療大麻を提唱しています。彼は彼の患者にカンナビスを推奨しています。しかし、それは治療法としてではありません。

症状の緩和と副作用の軽減

アダムス博士は、カンナビスが癌そのものの症状を軽減させるだけでなく、癌治療の副作用を和らげるのに役立つために、癌患者にカンナビスを推奨しています。

しかし彼はそれが治療法だと信じてはいません。彼は、彼の患者の多くは、カンナビスを使用しており、そして、もし、それが純粋に万能薬だった場合、彼はそれを使用している人の間では高い生存率が見られることを期待すると言います。

しかし、このアイデアをバックアップするために、すべての研究が人に用いられることについてはどうでしょうか?

私たちは、しばしば、人々が、カンナビスは癌を治すことができることを「証明」した研究を参照しているのを目にします。

しかし、アダムス博士は、いくつかの研究の結果は興味深いものの、我々はこれまでの研究は、試験管内で培養した癌細胞を扱ったものや動物で行われた実験であることを忘れてはいけないと言っています。

彼は、カンナビジオール(CBD)が、マウスだけでなく、試験管内の肺癌細胞を抑制ことができることを示した国立がん研究所の1974年の発見を参照します。この方面のさらなる研究が行われていないので、私たちは、CBDオイルによる治療が、癌治療薬として有効であるかどうか明言することはできません。

スペインとイタリアの研究者は、カンナビノイドが癌細胞の細胞死を引き起こす様式を調査しました、それでもやはり、人間での研究は、まだ行われていません。

これまでに人間で行われた唯一の研究は、アダムス博士によると「印象的な」結果を生み出しませんでした。その研究は脳の癌患者に対して行われました。

試験管では、カンナビノイドは、健康な細胞を除き、癌細胞だけを殺したので、医師が、再発した脳癌の患者の脳癌腫瘍にカンナビノイドを点滴するためにカテーテルを使用しました。

それでは、医師は、カンナビスが癌を治さないと信じているのでしょうか?

アダムス博士は、単に検討するために利用できる十分な証拠がないため、まだこの時点では、陪審は出そろっていないといいます。カンナビスは、彼が述べている特定の癌の治療薬として作用する可能性がありますが、ヒトでの実験を行うことは、倫理的な考慮を論ずる必要があることを意味しています。

すでに一般的にかなりよく効く薬がある場合、医師がその作用について知らないカンナビスとその薬を比較するための試験を行うことは、非倫理的でしょう。危険な病気の患者にプラセボ薬を与えることは間違っているので、プラセボ対カンナビスの試験は、決して可能ではないでしょう。

>カンナビスは、癌を予防するでしょうか?

アダムス博士は、完全に癌を予防のするようなものはないと言っていますが、カンナビスには抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用があるため、癌のリスクは、カンナビスを使用することで減らすことができることを認めています。

彼はまた、その可能性を示した試験管内の研究を参照して、癌細胞が本格的なブラウン腫瘍に発展する前に、それを殺すことが可能だと考えています。

彼は、カンナビスによる癌の治療については疑っているものの、癌の発症の可能性を減らすことができるという考えで彼は非常に興奮していると言います。

医師のアドバイス

アダムス博士は、癌患者は、ぜひともカンナビスを試す必要があると言っていますが、通常の治療を中止することは危険であることを警告しています。

彼は、我々がカンナビスによる奇跡的な癌の治療について聞く話のほとんどは、通常の治療も続けた人々からのものであると言っています。その結果、カンナビスが、実際に癌治療薬として作用したと、確実に言うことはできません。

癌治療におけるCBDオイルの結果だけでは、癌を殺す役に立っているのかどうかを判断するのに十分なほど明確ではありません。しかし、彼はそれが確かに害を引き起こすことがなく、または癌を悪化させることがないことも付け加えています。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)