研究:臨床診療におけるカンナビノイド

要約

大麻は、時に信頼できない、単純な事例報告によって不明瞭にされていますが、臨床用途に関しては有望です。最も重要な天然カンナビノイドは精神作用を持つテトラヒドロカンナビノール(デルタ9-THC)で、他にカンナビジオール(CBD)、カンナビゲロール(CBG)があります。

すべての観測効果がTHCに起因するのではなく、他の構成成分もその作用を調節します。例えばCBDはTHCが引き起こす不安を軽減します。したがって大麻の標準抽出物は実際より有益である可能性があり、それを評価するために治験プロトコルが作成されています。カンナビノイド受容体が模造され、天然リガンドが特定されてきたにもかかわらず、作用のメカニズムはまだ完全に理解されていません。

大麻は多発性硬化症(MS)患者の筋肉けいれん・痛みのために頻繁に使用されており、MSの実験モデルでは低量のカンナビノイドが震えを軽減しました。ほとんどの比較研究は大麻草よりもTHCで実施されているので、通常の臨床的症状で模倣しないでください。

一部の臨床研究が鎮痛剤としてのTHCの有益性を裏付けていますが、CBD・CBGも鎮痛、抗炎症効果を持っているため、THCの精神作用性を持たない薬剤が開発される余地があります。

神経障害痛のために合成誘導物ナビロンを摂取している患者は、実は大麻草の方を好んでおり、痛みだけでなく関連するうつ・不安症状を緩和すると報告しています。カンナビノイドは化学療法が引き起こす嘔吐に効果的で、ナビロンはそのために数年前認可されました。現在は、脳損傷後の保護剤として合成カンナビノイドHU211が臨床試験を受けています。

大麻使用の事例報告には、偏頭痛およびトゥレット症候群における事例研究、またぜんそくおよび緑内障の治療薬としての研究が含まれます。喫煙の側面を除けば、大麻の安全性プロフィールはかなり良いです。しかしその副作用には、特に老人・女性において悪化し、子供には起こりにくいパニックまたは不安発作が含まれます。

大麻使用の結果として精神病が挙げられていますが、精神病院入院患者の実験ではそのような証拠は見つかっていません。しかし、これまでの症状を悪化させる可能性はあります。カンナビノイドは比較的ゆっくり人体から排出されるので、特に車・機械の運転など、認知的作業に関して安全性を示唆します。

大麻が関わる運転だけが穏やかなもので、アルコールとは重大な相互作用を持ちます。天然素材は非常に変わりやすいので、再現可能な効果を確保するためには多様な構成成分を標準化する必要があります。純粋自然および合成化合物はこれらのデメリットを持ちませんが、大麻草の総合的な治療効果を持たない可能性があります。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed