要約!カンナビノイド受容体作動物質を利用するための戦略

要約

カンナビノイドCB(1)およびCB(2)受容体を活性化する薬剤はすでに診療所にあります。これらはセサメット(ナビロン)、マリノール(ドロナビノール; デルタ(9)テトラヒドロカンナビノール)およびサティベックス(デルタ(9)テトラヒドロカンナビノールとカンナビジオール)です。前者2つの薬剤は、化学療法に引き起こされる吐き気・嘔吐を軽減するために処方されます。マリノールはまた食欲増進のためにも処方されますが、一方サティベックスは多発性硬化症の成人患者における神経障害痛の症状軽減のため、および進行がんの成人患者における補助的鎮痛療法として処方されます。

1つ目の挑戦は、カンナビノイド受容体作動物質に関するさらなる治療標的を特定することであり、そのような作動物質に関する数多くの潜在的臨床応用が本研究に述べられています。2つ目の挑戦は、カンナビノイド受容体作動物質の有効性およびリスク対効果比を改善する戦略を開発することです。

本研究は、この目標の双方またはどちらかを達成する可能性を持つ5つの戦略に注目しています。その戦略は以下を含みます。(i) 血液脳関門外にあるカンナビノイド受容体を標的にすること。(ii)特定の組織が発現するカンナビノイド受容体を標的にすること。(iii)上方制御されたカンナビノイド受容体を標的にすること。(iv)カンナビノイドCB(2)受容体を選択的に標的にすること。(i)補助的な複数の標的化。それぞれの戦略の臨床的意義を評価することを対象にしたさらなる研究を正当化する前臨床データもまた考察されます。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed