カンナビジオールが酸化ストレスに伴う炎症を緩和

要約

活性酵素種産生を伴う酸化ストレスは、侵入病原体と闘い、組織修復を再現するための免疫システムの武器庫における重要な武器です。しかし、免疫に関連する過度の、もしくは分解されていない酸化ストレスは、臓器障害および機能不全を引き起こす酸化ストレス量をさらに引き上げます。

さまざまな病気において酸化ストレスを標的にすることは、基礎疾患および免疫反応の複雑性および曲解を考えると、治療的に最初に予期されるよりも問題があることが証明されています。しかし、CB1およびCB2、Gタンパク質結合受容体および内在性脂質リガンドを含む内在性カンナビノイドシステムは、治療的開発に十分であるエリアかもしれないことを示す証拠がどんどん出てきています。

この意味では、内在性カンナビノイドシステムと相互作用するがはっきりと異なる作用を持つ、精神作用のない関連するカンナビノイド、カンナビジオールは、抗炎症剤開発に関するプロトタイプとして有望です。この調査は、病因および進行に貢献するものとして、免疫系の活性化および関連する酸化ストレスに関わることが知られている、さまざまな病気および疾患の治療においてカンナビジオールが有用性を持ちうることを示す最近の研究を考察します。これは、関節リウマチ、1型および2型糖尿病、アテローム性動脈硬化、アルツハイマー病、高血圧、メタボリックシンドローム、虚血再かん流損傷、うつ病および神経障害痛を含みます。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典元:PubMed