オリビア・ニュートン=ジョンががんの治療にCBDオイルを使用することを娘が報告

多くの人が、クラシックなミュージカル映画『グリース』での明るい瞳をした10代の女性主人公の役を演じたオリビア・ニュートン=ジョンを覚えているでしょう。今オリビアは2度目の命をかけた闘病中です。そしてオリビアの娘が、癌の治療にCBDオイルを使用すると述べました。

オリビアはまだ43歳のときに乳がんと闘い、癌を克服しました。しかし、68歳を終えようとする今、新たな癌の診断を受けました。

オリビアの娘クロエは、母は癌に打ち勝つだろうと話しています。ザ・デイリー・メール紙が、TVエンターテインメント・ジャーナリストのリチャード・ウィルキンスを生放送で泣かせたオリビアのニュースについて報道しました。

がん:オリビアにとって2度目の闘い

クロエは、オリビアが2度目の乳がんの診断を受けた後のファンの愛や心配に感謝し、母なら克服できると話しました。オリビアはが癌の治療に、従来の治療法と併用して CBDオイルを使用します。クロエは、CBDが癌の成長・転移を抑制することを発見した研究に言及し、CBDオイルが母の役に立つことを確信しているといいました。

症状から治療まで詳しく解説!乳がんについて知るべきこと

娘の大麻農場

報道によるとオリビアは昨年、娘と娘のフィアンセ、ジェイムズ・ドリスキルにオレゴン州で合法的大麻農業事業を開始するための費用を貸し付け、娘に再出発の機会を与えました。しかし、その費用は直接大麻事業に当てられたものではなかった、と情報筋の報告があります。その代わり、オリビアはクロエが新しい州を住処として落ち着くのを助けたかったのでした。

クロエは過去にコカイン中毒や摂食障害と闘ったことがあります。最近インスタグラムに「薬」とタグ付けされた大麻草の写真を投稿し、これらの問題を克服するために大麻を使用しているのではないかという憶測をもたらしました。

癌治療のための前向きな態度とCBDオイル

オリビアと長年家族付き合いをしているジョン・ファーンハムは、オリビアは前向きで、再び癌を克服できると話します。ジョンは、オリビアと癌宣告について話したとき、オリビアは癌と闘って打ち勝つ闘志に燃え、非常に前向きだったと言いました。

ネット上のコメントを見る限り、多くの人がオリビアを愛し、幸運を祈っているようです。しかしクロエはそれほど人気ではありません。一部の人は、クロエが有名な母の不運を利用して、駆け出しの大麻事業を臆面もなく宣伝するために、「CBDオイルで癌を治療する」声明を出したのだ、とコメントしました。

従来の薬も治療の一環

癌を治療するためにCBDオイルを選び、従来の治療を止めた人々の体験談がありますが、それが効いたことを示す証拠は僅かしかありません。もちろんそれが効かないことを示す証拠も全くありませんが、私たちはオリビアが現代医療と薬草治療の両方を試すことを聞いて安堵しています。

世界中の多くの人が願う通り、オリビアが癌を克服した場合、どちらの治療法が効いたのか知ることはできませんが、少なくとも私たちの最愛のアーティストは生き残ることになります。それが維持したい希望です。オリビアが早く良くなりますように。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ