CBDがうつ病や不安障害にとって究極のサプリメントとなるかも?

うつ病は増加傾向にあります。先進国に住んでいる人は、そうではない国の11%と比較して、15%もうつ病にかかる可能性が高くなります。お金があれば私たちはもっと幸せになれるはずではなかったでしょうか?どうやら、収入が上がると、食事の栄養価が悪化することが分かりました。科学者はこれがメンタルヘルスに影響しているのではと考えています。一部の精神疾患の症状がオメガ3脂肪酸や特定のビタミン、ミネラル、プロバイオティクスを摂取することで改善するのを科学者は目撃しています。CBDをサプリメントとして食事に加えた場合も精神的健康の改善につながるでしょうか?

うつ病を抑制するのに失敗している現在の治療法

うつ病は治療が難しいことで悪名高い疾患ですが、その発症には数多くの異なる原因が関わっています。遺伝的要素の場合もありますし、慢性的なストレスが原因であることもあります。孤独感やトラウマも重要な要因です。

治療のこととなると、医師は想定されるセロトニンといった神経伝達物質の枯渇に注目する傾向にあり、まず抗うつ剤を処方します。しかし、抗うつ剤は50%の事例で効果的ではない上、たくさんの不快な副作用をもたらす場合が多いです。さらに、何かしらの心理的サポートがない場合、抗うつ剤は単にうつ病の根源を覆い隠してしまう可能性があります。

栄養とメンタルヘルスの関係

栄養精神医学と呼ばれる新しい医学分野のおかげで、食事の不備が精神疾患増加の要因である可能性を示す証拠が増えています。アメリカのような先進国の食事は、必須ビタミン、ミネラル、オメガ3脂肪酸が欠乏しており、このような欠乏は精神疾患において顕著であることを研究者は指摘しています。

「精神疾患の栄養療法」と題された論文の著者は次のように述べています。「必須栄養素を毎日補給することは多くの場合、患者の症状緩和に有効です。アミノ酸を含むサプリメントもまた症状を緩和します。アミノ酸は、うつ病やその他精神疾患を緩和する神経伝達物質に変換されるからです」

うつ病を軽減するサプリメント・リストの上位にくるのは、脂肪分の多い魚やフラックスシード、ヘンプシードといった植物に含まれるオメガ3脂肪酸です。脂肪分の多い魚を多く食べる国はうつ病が少ないだけでなく、オメガ3欠乏と精神疾患の発症率の高さを関連づける研究もあります。オメガ3を補給することでうつ病やその他精神疾患が大きく改善されるかどうかに関して、証拠は入り混じっています。とはいえ、脂肪酸の抗炎症特性や神経伝達物質の伝達を改善する働きは、オメガ3が今後もうつ病に対する栄養補助食品として研究され続けることを意味しています。

栄養精神医学において注目されているもう一つの店頭で購入できる栄養補助食品は、プロバイオティクスです。これらの生きた微生物は、胃腸の健康、特に複数回にわたる抗生物質の投与によって抵抗力が下がっている場合に優れていると考えられています。腸は第二の脳と言われるように、腸内細菌の変化はうつ病や不安障害に関係している可能性があります。腸は独自の神経系を持つだけでなく、脳と腸で起こることは直接つながっていると考えられています。

プロバイオティクスをうつ病のために摂取することを調査した研究の結果は一貫していませんが、一部の研究ではプロバイオティクスの投与によって軽度から中等度のうつ症状が見られる被験者の気分を大幅に改善したことが分かりました。うつ症状を軽減すると考えられているその他ビタミンやミネラルは、ビタミンB複合体とマグネシウムです。

うつ病や不安障害におすすめなENDOCA社のCBDオイル

CBDオイル ドロップス 300mg

CBDオイル ドロップス 300mg Cannabidiol(3%) 1ヶ月タイプ
価格:4,980円 (税込)

CBDオイルカプセル CBD 300mg 含有

CBDオイルカプセル (CBD)300mg 30錠タイプ
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイル ドロップス300mg

ロウCBDオイル ドロップス300mg CBD+CBDa(3%)
価格:4,980円 (税込)

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg

ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg
価格:4,980円 (税込)

出典:ENDOCA

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)