細胞の成長を促進!CBDがほくろを消せる可能性

多くの人々がほくろについて心配したり、醜いほくろが消えてなくなればいいのにと思ったりしています。残念ながら、ほくろを月まで吹き飛ばすことはこれまで成功していません。しかし、ザ・オルタナティヴ・デイリーによると、CBDはほくろに対する新たな代替薬になりつつあります。CBDまたはカンナビジオールは大麻に含まれない非精神活性成分で、皮膚の治療において非常に人気が高まっています。CBDは強力な抗炎症特性を持ち、有力な抗酸化剤でもあります。

CBDを直接ほくろに塗る

ザ・オルタナティヴ・デイリーの記事によると、CBDはほくろを簡単に除去する手段となることができます。人々はシンプルに、CBDオイルを直接ほくろに塗布しています。代替手段は手術ですが、少し極端で高価です。ほくろに対するCBD治療は本当に効くのでしょうか?結局のところ、私たちは喜んで診察せずに厄介なほくろを除去したいのです。このアイデアの裏にはいくつかの論理があり、ほくろが縮小したという報告が数件あるようです。

年齢とともに増加

ほくろ、または母斑は細胞集合です。通常は幼少期に現れ、25歳までに発達が止まります。ほくろは時間をかけて変化する可能性があります。ほくろは時々、隆起したり、増えたりします。また変色したり、毛が生えてきたりすることもあります。数世紀前、ほくろは美しいものとされていましたが、残念ながら今はそういう時代ではありません。

要注意のほくろ

ほとんどのほくろは無害です。ほくろについて深刻に捉えるべき警告の兆候がいくつかあります。たとえば、急速に大きくなる、形や色が異常である、15mm以上の大きさである、出血または血の滲みがある、かゆみまたは痛みがあるなどの場合は、医師の診察を受けた方が良いでしょう。これらの場合、ほくろは黒色腫または皮膚ガンである可能性あります。

健康的な皮膚細胞のためのCBD

CBDオイルは皮膚に対するあらゆる栄養素が豊富です。ザ・オルタナティヴ・デイリーは、CBDは健康的な細胞の成長を促進することからほくろを除去することができるのだ、と述べています。またCBDは、肌を健康的に、活力的に見せるビタミンや脂肪酸も含みます。オメガ脂肪酸は、肌の潤いや柔軟性を維持します。またCBDは、ニキビ、湿疹などの他の皮膚疾患にも恩恵をもたらすことができ、シワや小じわを減らすこともできます。

黒色腫の治療法となる可能性

体内の細胞には、カンナビノイドと呼ばれる大麻に含まれる物質に対する受容体があります。2013年にブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ファーマコロジーに発表されたCBDと健康的な皮膚に関する研究の著者は、カンナビジオールとカンナビゲロールは細胞内の転写過程を抑制することができる、と述べています。

したがって、カンナビジオールとカンナビゲロールは細胞の分化や急速な成長を調節することができます。これにより、CBDは皮膚治療薬の開発において優れた化合物となります。実際のところ、黒色腫に対する潜在的な治療法としてのCBDに関する研究は、有望な結果を出しています。

オーストラリアで研究:大麻は癌を治せるのか?

ほくろとCBD:主な研究は無し

一定の期間ほくろに直接CBDを塗布することでほくろが小さくなることを、事例証拠が示しています。しかし、ほくろとCBDに関する科学研究を実施した人はまだいません。とは言え、論理は十分正当です。私たちは、CBDが肌に良いこと、そして抗炎症特性が皮膚の炎症に役に立つことをすでに知っています。

ザ・オルタナティヴ・デイリーは、ほくろに対するCBDの使用に科学的根拠があるとは言えないと認めていますが、役に立つ可能性があり、また害をもたらすことはないはずだと結論付けています。