最も人気なCBD使用方法TOP5

嗜好用大麻使用者はおそらくCBDの使用について深く考えたことはないでしょうが、医療大麻の世界では、カンナビジオール(CBD)は何よりも素晴らしいものです。CBDは大麻がもたらす健康上の利益の多くに関与している大麻活性化合物です。すなわちCBDは医療大麻患者にとって大麻における最も重要な化学物質であるとも言えます。CBDはさまざまな特徴を持ちますが、医療的視点から最も重要な一つの点は精神作用がないことです。言い換えると、CBDは人をハイにさせません。そのため患者にとってCBDの使用が非常に人気なのです。

医療大麻研究者はカンナビジオールの薬理作用を発見また確認し続けています。CBDは、神経システムに影響するさまざまな疾患の治療法として目覚ましい将来性を発揮してきました。発作を止める、または予防すること、多発性硬化症を治療することなどにおいて、CBDは非常に有効な薬であることが証明されてきたのです。

さらに、CBDは不安障害、うつ病およびその他気分障害を治療することができます。現在の研究の最先端では、CBDががん細胞の成長を阻止し、腫瘍を抑えることさえできることが分かってきています。とても素晴らしいことです!そして例えあなたがそういった病気に苦しんでいなくても、CBDは全体的な健康に貢献することができます。「予防は治療に勝る」と言いますが、CBDはまさにその通りの効果をもたらしてくれるでしょう。

では、身体のケアまたは薬としてCBDの使用に興味があるあなたに、CBDを使用する5つの最も人気な方法を紹介します。

1.CBDオイルの摂取

オイルはCBDを使用する最も人気な方法です。CBDオイルは生成が簡単に製造でき、カンナビジオールを広範囲で入手できます。CBDオイルがこれほど人気なのにはいくつかの主な理由があります。CBD抽出プロセスの進化のおかげで、非常に高品質でプロフェッショナルなメディカルグレードCBDオイルが手に入りやすいのです。

CBDオイルはまた非常に多用途です。どんな食べ物や飲み物にも混ぜることができます。スムージーやプロテインシェイクにCBDオイルを数的垂らしてみてください。パンやケーキ作りで他の油の代わりにCBDを入れて、食用CBDにしてみましょう。オリーブオイルまたは植物油などの食用油も使えます。最後にCBD抽出物はより正確な投薬のためにカプセルで投与することができます。

CBDオイルを生成するプロセスは、ヘンプからカンナビノイドを抽出することから始まります。通常は、CBDを吸い出すのに高度の揮発性溶剤が使われます。その後、溶剤を除去するために抽出物は単純に蒸発され、オイル状のCBD濃縮物が残ります。しかし問題は、溶剤が微量残る可能性があることです。そして例えばブタンがそうであるように多くの溶剤は有毒です。健康のためにCBDを摂るなら理想的ではありません。

最もプロフェッショナルなCBDの工業生産は、有毒な溶剤の代わりに二酸化炭素を使用します。非常に低温および高圧で使用すると、二酸化炭素はより安全でより効率的です。より多くのカンナビジオールを吸引し、後に残ることもありません。これがCBDオイルを獲得するための最も有力で純粋な方法です。

2.CBDが豊富な大麻を喫煙する

CBDを使用する5つの最も人気な方法のうちのもう一つは、シンプルにCBDが豊富な大麻株を喫煙することです。この方法がこれほど人気なのは、すなわち大麻喫煙が人気だからです!医療大麻患者の多くが大麻のまったく精神作用しない形を求めていないのも事実です。

大麻における最も有名な2つの“活性”カンナビノイドはCBDとTHCです。THCは娯楽用使用に関連する、恍惚的な“ハイ”を作り出す精神作用のカンナビノイドです。一方CBDはそのような効果を持ちません。

患者にとって最も人気のあるCBDが豊富な大麻株は、CBDが高濃度でTHCが低濃度のものです。そしてシャーロッツ・ウェブ以上にこれを達成した株はありません。実際、シャーロッツ・ウェブはてんかん発作に苦しんでいたシャーロットという小さな女の子のために考案されました。

シャーロッツ・ウェブ以上にTHCが低濃度の大麻株はありません。0.3%のTHC濃度では、この株を喫煙しても酩酊状態にならないので、子供にとって理想的な薬です。CBD濃縮物も通常のTHCが豊富な株よりずっと高濃度です。シャーロッツ・ウェブのCBD濃度は13%で、ハーレクインやカンナトニックといった他のCBDが豊富な株に相当します。

3.CBDチンキ剤を投与する

初心者にとってチンキ剤はCBDオイルとそっくりに見えるかもしれません。しかしそこにはいくつかの重大な違いがあります。まずCBDチンキ剤はオイルと比べてそれほど濃縮されていません。そのためチンキ剤はより効き目の穏やかな薬なのです。

CBDチンキ剤はオイルと似たようなやり方で生成されます。チンキ剤は、アルコールまたはグリセリンなどの抽出器を使用します。もちろん大きな違いは、オイルのように濃縮される代わりに、CBDがアルコールまたは脂肪酸の中にとどまるということです。

そのためチンキ剤は生成しやすく、また投与しやすいのです。他のチンキ剤と同様スポイト付きのボトルで出されるため、患者は自分の症状に完璧な投与量を測ることができます。この正確さこそがチンキ剤をCBDを使用する5つの最も人気な方法の一つにしているのです。

シンプルに舌下に薬を投与したり、または食べ物や飲み物に混ぜたりすることもできます。

CBDチンキ剤が人気なのは、さまざまなTHCの濃度および割合で入手可能だからでもあります。現在、市場では1:1から20:1までのTHCとCBDの割合が提供されています。一部の患者にとって、THCとCBDの正しい割合を選ぶことができるということは、両方のカンナビノイドによる治癒メリットの混成効果を可能にします。

CBDチンキ剤が人気であるもう一つの理由は、舌下スプレーの使用にあります。このスプレーは基本的にチンキ剤より濃縮されたバージョンで、患者はより少ない投与量で最大限のCBDを得ることができるのです。

4.CBDオイルの蒸気を吸引する

大麻オイルを他の食べ物と食べたり飲んだりするだけではありません。濃度が十分高ければCBDオイルを気化させて吸引することもできます。CBDオイルの蒸気吸引はCBD摂取の代案として人気です。蒸発では、カンナビノイドが吸入できる蒸気になるまで加熱します。直接CBD濃縮物を吸引することで、薬の効果はおおよそ即効です。

CBDオイルの摂取と比較してみた場合、効果はどれだけ早く食べ物を消化し、カンナビノイドを吸収するかにかかっています。そして身体によってそれは30分から90分、またはそれ以上かかるのです。

CBDの蒸気吸引の人気に注目した企業が、CBD専用ペン型ヴェポライザーを提供し始めています。

5.CBD外用クリームを塗布する

医療大麻投与の形式として人気が高まっているのは、外用品の使用を通じて直接皮膚に塗布する方法です。

経皮吸収はいかなる精神作用の副作用も生み出さないため、精神活性化を避けたい患者にとても人気があります。これは、CBD生成時にTHCが含まれていたとしても使用者は精神作用効果を感じないことを意味します。したがって、経口投与するときのようにCBDが“純粋”である必要はありません。そのため外用品は、自分で生成したCBDオイルを使用する人気な方法なのです。自作CBDオイルはかなりのTHC量を含むこともあります。

大麻外用品はさまざま形で販売されています。最も人気なのは、シンプルに皮膚に塗り込むことができる化粧水やクリームです。この方法は、痛みや炎症関連の症状を治療するのに優れたCBDの使用法です。

他の外用製品には、一日中持効性で薬の投与をするための軟膏または絆創膏などがあります。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

出典 : greenrushdaily