CBDオイルが有効だという「不安障害」について学ぼう➀

そもそもどんな症状なのか

こんにちは。先日はペットの不安障害について取りあげましたが、人間の不安障害のことも勉強していこうと思いますので、お付き合いください。

CBDオイルがその効果を発揮する対象となる疾患のひとつが、この不安障害。僕自身は基本的にCBDオイルに関しては、9割がた英語の情報ソースだけ読んでいるのですが、そういえばこの「不安障害」って、日本であんまり聞かないなぁと思い当たりました。

どちらかというと、「社会不安障害」のほうがメジャーであって、単なる不安感が障害とされているこの呼び方は、そう多くない気がします。

ブルーバード・ボタニカルズ社やエンドカ社などの商品レビューを読んでいると、「不安障害に効いた」「不安感がおさまった」といった記述が多いのですが、具体的な症状についてはぼんやりとしたままでした。

詳しく分かる!不安障害にCBDオイルを7日間試して分かったこと

病的不安の構成要素とは

「不安障害」についてのわかりやすい専門的な日本の動画がありました。これ、ものすごくわかりやすいので、おすすめです。

単なる情動としての「不安」を「病気たらしめているもの」は、どこで線引きをしているのかな?と思っていた僕の疑問が、結構クリアに。

0:45から、先生によると「病的な不安の構成要素」とは、

➀将来を予測する認知面の症状
➁身体的・精神的緊張感
➂自律神経症状

の3つだそうです。

病的不安にCBDオイルを

上記の3つのアスペクト、すべてCBDオイルがサポートできる症状ではないでしょうか。次回はCBDオイルがこれらの諸症状にどのように効くのかを分析してみようと思います。

精神面におけるリラックス効果と言えば、
「抗不安」をそのテーマのひとつにしている

ヘンプタッチ社のCBDオイルです。

さらにエンドカ社も、「抗不安」をトピックとして取り上げ、
CBDの有効性について分析しています。Can CBD reduce anxiety?(英文)

この記事によると、
エンドカ社CBDオイルで不安感が和らいだというレビューが
多く寄せられているもよう。
中には、ベトナム戦争での退役軍人の方が悩まされている不安感が

カプセルCBD

で改善されたという記述も。

不安感に崩れそうになってしまったら、CBDオイルを力強いサポートとしてお使いください。