CBDオイルに副作用はある? カンナビジオールの真実

カンナビジオール・オイルは、さまざまな有益な有用性を提供してきました。周知の通り、多くの研究がなされれば、一定の肯定的な側面が示されます。しかしながら、新法や研究のおかげで、大麻の全ての特性に焦点を当てることが可能になり、その結果は驚くほど有益で強力なものでした。しかし、CBDオイルには副作用もあるのでしょうか?

これは、 特定の体の衰弱に対処するのにどのようにCBDオイルが利用できるか、という質問につながります。CBD抽出物は、最大15%のCBDを含む大麻花から作られ、その栄養学的、精神医学的、そして薬学的特性が知られています。大麻の花および茎からとれる抽出物は、特定の品種の種から育てられます。あらゆる疾患や病気のために、活性成分が生成されます。

有害な細胞を弱めることで得られる利益

がん細胞移動、腫瘍、ならびにがんを体に広げる転移における潜在的な疾患にCBDが利用できるという可能性を示す最初の証拠が科学者によって発見されてから、多くの年月が流れました。現在は個々の研究が、侵略性がんに対する別の治療法を提供するために進行中です。同時に、がん細胞の活動軽減をより自然に調整する方法も調査されています。

CBDオイルに副作用はあるのか?

数多くの疾患のおかげで、製剤会社は強力かつ裕福になりました。 CBDオイルがもたらす特性が有益であることが証明されれば、多くの合成薬が市場から姿を消す可能性があります。

CBDを使用した一部の患者によると、CBDオイルには合成化学物質が含まれないので副作用は軽減されている、と言います。患者によって述べられた治療可能な分野には、アルコールおよびオピオイド乱用、アルツハイマー病、ぜんそく、関節炎、糖尿病、てんかん、白血病、偏頭痛、吐き気、嘔吐、脊髄損傷における鎮痛が含まれます。まだ試験段階ですが、天然かつ有益な緩和の可能性はいつか現実になるでしょう。しかし、これまでのところCBDオイルの副作用は知られていません。

CBDの投薬形態

治療する症状によって、CBDはさまざまな形態で摂取することができます。局所薬、オイル、タブレット製剤、ならびに蒸気化装置などは、数ある選択肢のほんの一部です。ティーバッグやシャンプー、ボディローションなどは、CBDの抗酸化作用としての栄養価を体験し、オメガ脂肪酸を取り入れるのに優れた方法です。これらのタイプの投薬形態は、治療においてCBDオイルを簡単に制御することを可能にします。

医療カンナビジオール・オイル

CBDオイルに関する宣伝が少ないため、必要とされる適切な投与量を見つけるのは難しいかもしれません。1日2、3mgの量を錠剤形態で摂取し始めると、幻覚やその他有害なCBDオイルの副作用がないことが証明されるでしょう。大麻使用の作用を中和するために抑止対策を取っている人からの情報です。

特定の疾患に対して推奨摂取量を提供できる専門家もいます。通常のCBDサプリメントに加えて、オイルを数滴舌下に投与すると、必要な時にさらに高濃度のCBDを取り入れることができます。

カンナビジオール・オイルは、疾患に対する予防策の補助として浮上し始めたばかりです。 濃度、推奨摂取量、製品選びを学ぶのは、不思議に見えるかもしれません。しかし、CBDオイルの医学的多様性や人間にもたらす重要な利点を取り上げるインターネット上の有益なウェブサイトを開けば、私たちはやっと自然な癒しは可能だと信じられる知識を得ることができるのです。

CBDとは何か?

カンナビジオール、CBDは著しい医学的利点を持つ大麻化合物です。科学および臨床研究は、さまざまな病気の治療薬としてのCBDの可能性を強調しています。その病気には、関節炎、糖尿病、アルコール中毒、多発性硬化症、慢性痛、統合失調症、PTSD、耐抗生物質の感染症、てんかん、その他神経障害が含まれます。CBDは神経保護および神経性効果を持つことが分かっており、その抗がん効果は現在、アメリカや諸外国の複数の学術研究センターで研究されています。

CBDは、大麻の治癒力無しには生きられないが、THCの脳を影響する要素はいらない、という人のためのものです。症状の軽減を主に懸念している大麻患者もいます。CBDは、中毒させたり鎮静したりすることなく鎮痛および抗炎症効果をもたらすなど、そのさまざまな薬効によって注目が高まってきました。またCBDは、THCと一緒に投与された時のTHCの副作用、特に不安や心拍数上昇などを軽減します。CBDとTHCは、さまざま応用において相乗的に作用することができます。

大麻との関連で、主に2つの異なるカンナビノイドはテトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)として知られています。THCは大麻草の精神活性成分です。CBDは大麻種のもう一方の主成分ですが、不評はありません。それでは、CBDの根本を探り、その治療的可能性を考察しましょう。

植物性カンナビノイド(ファイトカンナビノイド)は、繊維ヘンプのなかに異なる量で含まれます。古い論文による一部の主張でよく書かれていたのとは異なり、精神活性特性は無く、患者の感受性にもよりますが、たいていは鎮静的です。我々自身の体験から、ピュアなCBDは疲労感も鎮静感ももたらしませんカンナビジオールはTHCの精神活性効果に対する抑制剤でもあります。

CBDはどのように作用するのか?

カンナビジオールは実際のところ、体内で何をしているのでしょうか?我々はCBDの薬理学、すなわち人体における効果について解説します。

カンナビジオールは、体内にある重要なカンナビノイドシステムの受容体に対する親和性があります。科学者はこれをエンドカンナビノイドシステムと呼びます。エンドとは内因性という意味です。

これらの受容体には、さまざまな薬や物質が結合し、その効果を生み出します。2つのカンナビノイド受容体があり、それぞれCB1受容体、CB2受容体と呼ばれています。

カンナビジオールは、これらの受容体に結合するカンナビノイドの間接的な対応部分です。CBDは特別なメカニズムを通じてこれらの受容体に影響を与え、体に元々存在するカンナビノイドに混ざります。その代わりに、医学関連の効果をもたらします。たとえば、CBDは体に元々存在するカンナビノイド、アナンドアミドの分解を抑制します。

しかし具体的には、カンナビノイドは他の受容体とも相互作用します。たとえば、たとえばドイツ語ではCBDSと呼ばれていますが、カンナビジオール酸(CBDA)は、主に生の大麻草に含まれており、薬効を持ちます。CBDAは、吐き気・嘔吐、腸けいれん、乳がんの転移を抑制します。

CBDは合法で健康にいいのか?

ドイツおよびアメリカにおいてCBDは完全に合法です。CBDは麻薬法の付属書に記載されていないので、カンナビジオールを扱うことは犯罪行為になりません。そのおかげで、多くの患者に新たな医療が開かれます。

CBDはさまざまな疾患や症状に利用することができます。慢性痛、不安障害、心疾患、てんかん、炎症、感染症、関節炎、糖尿病、PTSD、神経障害、がん、統合失調症などが当てはまります。純化したカンナビジオールは、薬として重要な治療法の進歩です。

レウェケ教授によると、CBDはアミスルプリドなどの向精神薬よりも優れた耐容性を持ちます。アミスルプリドは統合失調症の治療に使用されていますが、運動障害や体重増加を引き起こすことがあり、糖尿病のリスクを大きく増加させます。42人の急性統合失調症患者を対象にした比較研究で、半数にはアミスルプリドを、もう半数にはカンナビジオールを投与しました。カンナビジオールは、すでに検査された向精神薬と同様に優れた抗精神病効果を示し、より良好な耐容性を見せました。

決して全てがカンナビジオールで医学的治療できるわけではありません。結局のところ、カンナビジオールやその他カンナビノイドに関する研究は始まったばかりです。このように、ナポリの研究者は、少なくともマウス実験においてCBDが大腸がんの拡大を軽減し、最小限に抑えることを発見しました。

カンナビジオールの有益な効果は、乳がんおよび肺がんの動物実験でも発見されました。12年前に発行された薬剤業界紙の記事によると、複数の研究においてカンナビジオールが細菌やウイルスを殺し、鎮痛および抗炎症作用を持つことが発見されました。

CBDオイルに欠点はあるのか?

CBDは精神作用せず、向精神作用もありません。すなわち大麻やハシシオイルのようにハイになったりしません。

CBDオイルは通常の摂取量においては非常に安全です。必ず少量から摂取しはじめ、徐々に摂取量を増やしてください。

深刻な病気や疾患を抱えている場合は、医師に相談することが推奨されます。妊娠中または授乳期はCBDを使用しないでください。

CBDはさらに研究されているか?

もちろんです。これまでのところ全てのCBD用途が調査されたわけではないので、その可能性の全貌を知るためにはさらなる研究が必要です。たとえば、CBDは腸において有益な効果を持つことが推測されています。

さらに、CBDは神経保護および神経性効果を持つことが分かっており、その抗がん効果は現在、アメリカの複数の学術研究センターで研究されています。CBDハがん細胞の受容体に結合し、それを破壊することができることが分かっています。

カンナビジオールは、脳内の神経細胞を保護する作用もあります。さらにイスラエル、ブラジル、カナダでさまざまなCBDに関する研究が実施されています。

CBDHempOilBenefits