食後?空腹時?CBDオイルを効果的に摂取できるタイミング

CBDオイルを空腹時に摂るか食後に摂るかに関しては、驚くほど多くの間違った情報がインターネットに載っています。しかし、少しの調査と基本的な消化に関する理解があれば、日々持続可能なCBDオイルを摂る人にとってその答えは明らかになります。

CBDオイルは食べ物と一緒に摂る必要があるでしょうか?

答えはイエスです。

この質問に完全に答えるにはまず、生体利用効率という単語について知る必要があります。
生体利用効率は「物質(薬物など)が生体に吸収される、または生理作用の部位で利用可能になる度合いおよび比率」と定義され、製品の種類などといった要因に基づいて身体に吸収された活性成分量を表します。

経口で製品を摂取すると、口内の粘膜ではなく消化を通じて活性成分が吸収されるので、CBDなどの活性成分の生体利用効率が弱まることがあります。これは、初回通過代謝がCBDの構造を代謝産物に変える効果によるものです。

初回通過代謝は、CBDの経口生体利用効率低下の主な原因です。初回通過代謝は、CBDが循環系に到達する前の消化器系における酵素の作用によって起こります。CBDは肝臓でCYP450混合機能オキシターゼと呼ばれる酵素に作用され、100以上の異なる代謝産物を生み出します。その全てが身体に利用されるわけではありません。

経口生体利用効率を強化する方法は数多くあります。たとえば、CBDを中鎖脂肪酸トリグリセリドや長鎖トリグリセリド(脂肪酸)とともに摂取する方法です。CBDをこれらの脂肪酸と一緒に摂取することで、初回通過代謝をいくらか回避できることが最新研究で示されています。

一部のウェブサイトでは、迅速に効果を感じるためにCBDオイル製品を空腹時に経口で摂取することを推奨していますが、この方法では速さの代わりに効能を犠牲にしてCBDオイル自体の全体的な効能が低下する可能性があります。消化中の酵素による影響を考慮して、潜在的な生体利用効率を向上するためには食べ物(特に中鎖脂肪酸トリグリセリドが豊富な食事)と一緒にCBDオイルなどのCBDオイル製品を経口摂取することを提案します。

生体利用効率を向上させるもう一つの方法は、舌の下で舌下吸収するために特別に設計された製品を利用することです。

CBDオイル、チンキ剤、リキッドなどの製品はこの方法で吸収されると、より高い生体利用効率が得られ、効果の表れも早くなります。とは言え、これらの製品は最大90秒間口内にとどめられた後に飲み込まれるので、消化器官でもある程度吸収されます。

まず舌下で吸収され、飲み込んだ後は消化器官で吸収されるスプレー可能なカンナビノイド製品に関する研究では、食後にCBDサプリメントを摂取することに関して良好な効果が実証されました。研究結果では、食後にCBDを摂取した場合、生体利用効率は4倍も高いことが分かりました。しかし、食べ物は血中濃度のピークを数時間遅らせることも実証されました。

毎日CBDオイルを摂取する人にとって、血中濃度が高められること、および遅れることにおけるにはより大きな価値があります。

簡単に言えば、CBDオイル製品を食べ物と摂取すると、CBDがより長い時間体内にとどまることを可能し、CBDオイル製品の効果を最大限に活用できるということです。

RSHO・CBDオイル【RSHO-X】1000mg

生体利用効率を考えて「中鎖脂肪酸トリグリセリド」を主成分にし、CBDの効能を最大限に引き出してくれるCBDオイル!