CBDオイルを摂取して本当に逮捕されないのか?

CBDオイルは諸外国でも日本でも近年注目を集めているサプリメントなのだが、実際に国内流通しているCBDオイルを購入や摂取する際に大麻取締法で逮捕される心配はないのかと不安な方も多いはず。インターネットを検索するとCBDオイルで逮捕されたなどの情報が出回っていることもあり、購入を検討している方からするとリスクが高いのであればと躊躇してしまう方も多いのではないか。そんな問題を解決しようと思う。

CBDオイルで逮捕されるのか?

一概にCBDオイルを摂取して逮捕されないと言い切れないところがある。では、なぜ言い切れないのかというとCBDオイルに含有されているカンナビジオール(CBD)が大麻草のどの部位から抽出されているのか、という問題が立ちはだかるからである。

日本の大麻取締法は、大麻草の成熟した茎および種子は除外されると明記されている。結論から言うと、大麻草の成熟した茎および種子から抽出され、精製された製品のみが大麻取締法の対象外となるということを意味している。

逆にいえば、成熟した大麻草の茎ではなく、葉や花穂から抽出されたカンナビジオール(CBD)は大麻取締法に接触するのだ。

大麻取締法は、テトラヒドロカンナビノールを主に規制している法であり、カンナビジオールなどの成分を規制しているわけではないのである。

なぜなら、大麻草の80種類以上ある成分のうち、酩酊状態を引き起こす成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)のみである。

安全なCBDオイルの見分け方

絶対にやっていけないのは個人などからCBDオイルを購入すること。何か問題があった際にあなたを守ってくれることは絶対にないからである。自己責任で購入した製品は、あなたを補償してくれない。販売者個人や販売サイトは一切責任を負ってくれないだろう。

CBDオイルを個人の方から購入するというのはあまりにもリスクが高いと思うのが私の率直な考え方である。

CBDオイルは正規輸入販売店で購入するのが一番の安全なのだ。何より会社は海外からCBDオイルを輸入する際に正式な手続きを踏んで国内で販売しているわけなのだから。

例えばの話、あなたがNIKEの靴を正規店であるNIKEショップから購入した場合、しっかり保証がされるのは当たり前である。しかし、ヤフーショッピングなどで個人からNIKEの靴を購入した場合、偽物か本物かの担保さえされなく、値段が安いからという理由だけで購入するのはそれなりのリスクがある。

靴であれば、偽物を売られたとしてもあなたの気持ち次第で何とでもなるのだが、CBDオイルとなると最悪のケース逮捕されるというリスクは避けられないのである。まあ、それでも価格が安いCBDオイル製品をご購入されるのであれば、直接問い合わせをしてみるのが良いだろう。

逮捕されるケースとは?

過去にCBDオイルを購入して逮捕された人がいるという情報が混乱を招いた。あれ?CBDオイルであれば逮捕されることはないのでは?と思った方も多いのではないでしょうか。

この事実確認は具体的に報道されていないことから不明な点も多いが、ここからの私の推測で語らせていただきます。

アメリカ在住の日本人が自家製で作っているCBDオイルを輸入しようと試みた人が逮捕されたのではないか、ということだ。

理由は、意図的にTHCの含有量(濃度)を高くし、成熟した茎および種子からではない部位から抽出したCBDオイルだからだと予想。アメリカは連邦法では大麻は禁止されているのだが、医療大麻ブームもあり、医療大麻が解禁されている州、嗜好品が解禁されている州などさまざまな状況であることもあり、今やアメリカでは簡単にマリファナを購入できる状態なのだ。

大麻オイルの可能性

一斉を風靡したリックシンプソンオイルという大麻オイルが存在するのを知っているだろうか。このリック氏は、オリジナルレシピで作った大麻オイルをがんや重篤な疾患をお持ちの方に無償で提供しているのだ。

医療大麻の奇跡:リックシンプソンオイルとがんについて知るべきこと

この大麻オイルは産業用大麻ではなく、工業用大麻、つまりマリファナを使用しているため、THCの濃度もかなり高いのである。そこには明確な理由があるのだ。それは自身のがんを大麻オイルで完治させてしまったという持ち主だからだ。

このような大麻オイルのレシピは公開されていることから誰でも手軽に作れる。そこにアメリカ在住の日本人が目をつけて、意図的に法律に違反する部位からの抽出な工業用のマリファナを使用したオイルをCBDオイルとして販売していたのではないだろうか。

今やツイッターやブログで世界中の人とコンタクトを取れることを利用した手口なのでは?仮にそのような違法なCBDオイルを輸入した人は当然逮捕されるわけである。輸入した人がそのようなCBDオイルを望んでいなかったとしてもそんな言い訳は一切通用しないのが現状。

しかし、アメリカ在住の販売者はというと、、当然逮捕されないのである。理由はアメリカ国内の州法が合法な場合、何か問題になることはない。つまりCBDオイルを購入(輸入しようとした)者のみが罰則=逮捕されるという結果だ。

国内の個人販売や国内販売を装っていざ購入したら海外から発送します!という怪しげな会社からの購入はリスクが高く、逮捕される可能性があるので要注意です。

正規代理店なんて言っておいて、蓋を開けたら。。。ってことにならないように自身の身は、自身で守るしかないのだ。

CBDオイルの安全な購入について

CBDオイルは世界各国で注目されている上にCBDオイルで疾患が緩和されたり、完治したりするほど効果や効能があるサプリメントであることは事実である。

しかし、海外などで言われている医療大麻などとは多少異なるため、過度な期待は禁物である。

サプリメントの類ではあるものの6大栄養素というカテゴーを超越するぐらい医療品に匹敵するほど効果がある人もいれば、効果がない人もいることを忘れてはいけない。

日本でもCBDオイルを安心・安全に摂取したいのであれば、ヘンプタッチジャパン総代理店正規輸入代理店のヘンプナビで購入することをお勧めする。