CBDオイルを摂取して本当に逮捕されないのか?

CBDオイルは諸外国でも日本でも近年注目を集めているサプリメントなのだが、実際に国内流通しているCBDオイルを購入や摂取する際に大麻取締法で逮捕される心配はないのかと不安な方も多いはずである。インターネットを検索するとCBDオイルで逮捕されたなどの情報が出回っていることもあり、購入を検討している方からするとリスクが高く、躊躇してしまう方も多いのである。そんな問題を今回は解決できればと思う。

CBDオイルで逮捕されるのか?

一概にCBDオイルを購入・摂取して逮捕されないと言い切れないところが実はある。では、なぜ言い切れないのかというとCBDオイルに含有されているカンナビジオール(CBD)が、大麻草のどの部位から抽出されているのか、という問題が立ちはだかるからである。

日本の大麻取締法は、大麻草の成熟した茎および種子から採取される成分のみ除外されると明記されている。結論から言うと、大麻草の成熟した茎および種子から抽出され、精製された製品のみが大麻取締法の対象外となるということを意味している。

逆にいえば、成熟した大麻草の茎ではなく、葉や花穂から抽出されたカンナビジオール(CBD)は大麻取締法に接触するのだ。つまり、海外国内でこれらの法律に従事していないCBDオイル製品を輸入・購入した時点で逮捕されることを肝に銘じておく必要がある。

大麻取締法は、テトラヒドロカンナビノールを主に規制している法であり、カンナビジオールなどの成分を規制しているわけではないのである。

なぜなら、大麻草の80種類以上あるカンナビノイド成分の中で酩酊状態を引き起こす成分は、THC(テトラヒドロカンナビノール)のみだからだ。

安全なCBDオイルの見分け方

絶対に避けるべき点は、個人からCBDオイルを購入することだ。何か問題が発生した場合、あなたを守ってくれることは絶対にないからである。国の認可を得ているのか、法律に従事した製品販売を行っているのか、購入する前にしっかり調べるべきことである。

CBDオイルを個人の方から購入するのは、あまりにもリスクが高いと思うのが率直な考えである。個人から購入した製品は、あなたを補償してくれない。現に個人からCBD商品を購入し、逮捕された人間も当然いるからである。個人サイトは一切責任を負ってくれないだろう。購入者が馬鹿をみるだけだ。

CBDオイルは、正規輸入販売店で購入するのが一番安全である。何より会社は、海外からCBDオイルを輸入する際、正式な許認可手続きを行い、国内販売している。つまり、正規輸入代理店は保証が備わっている。

例えばの話、あなたがNIKEの靴を正規店であるNIKEショップから購入した場合、しっかり保証がされるのは当たり前である。しかし、ヤフーショッピング内の個人からNIKEの靴を購入した場合、偽物か本物かの担保はなく、値段が安いから!という理由だけで購入するのは、かなりのリスクがある。

靴であれば、偽物を売られたとしてもあなたの気持ち次第で何とでもなるものだが、CBDオイルは最悪のケース逮捕されるという事実がある。当然そのようなリスクは避けるべきである。安易にCBDオイルを購入してはいけない。

逮捕されるケースとは?

過去にCBDオイルを購入して逮捕された人がいるという情報が混乱を招いた。あれ?CBDオイルは、逮捕されないのでは?と思った方も多いはずである。

この事実確認は具体的に報道されていないことから不明な点も多いのだが、、、勝手な推測で語らせていただく。

アメリカ在住の日本人が自家製で作っているCBDオイルを輸入しようと試みた人が逮捕されたのではないのか、ということだ。

理由は、意図的にTHCの含有量(濃度)を高くし、成熟した茎および種子からではない部位から抽出したCBDオイルだと予想。当然アメリカ連邦法では、大麻を禁止薬物に指定している。しかし、医療大麻の関心が高まるにつれ、医療大麻が解禁されている州、嗜好品が解禁されている州などさまざまだ。今やアメリカ国内は簡単にマリファナを購入できる状態下にあるということだ。それに目を付けたアメリカ在住の日本人がSNSを通じ、違法なCBDオイルを販売している可能性が高い。

国内CBD製品販売サイト上でCBDオイルを購入したにも関わらず、アメリカから発送します!の類サイトから絶対に購入してはいけない。個人であろうが会社であろうが絶対にダメである。まして会社単位でそのような無責任な販売を行っている業者も存在するから注意が必要である。

大麻オイルの可能性

一斉を風靡したリックシンプソンオイルという大麻オイルが存在する。このリックシンプソン氏は、オリジナルレシピで作った大麻オイルを癌患者や重篤な疾患を患っている方へ無償で大麻オイルを提供している。

医療大麻の奇跡:リックシンプソンオイルとがんについて知るべきこと

この大麻オイルは産業用大麻ではなく、工業用大麻、つまりマリファナを使用しているため、THCの濃度もかなり高い。そこには明確な理由があるのだ。それは自身が患っていた皮膚がんを大麻オイルで完治させたという経緯である。

このような大麻オイルレシピは、インターネット上に公開されているため、誰でも手軽に大麻オイルを作れるのである。そうした状況の中でアメリカ在住の日本人が、意図的に違反の部位から抽出した工業用のマリファナを使用し、大麻オイルやCBDオイルとして販売していたのではないだろうかと考える。

今やツイッターやブログなどのSNSツールを使い、個人同士でコンタクトを取れるこの世の中、日本以外で大麻オイルを作ることはそこまで難しくない。がしかし、仮に違法な大麻オイルやCBDオイルを輸入したら当然逮捕されるのである。輸入者がそのようなCBDオイルを望んでいなかったとしても後の祭りである。そんな言い訳は一切通用しない。

では、販売者側の責任はどうなるのか、当然責任問題はなく、逮捕もされない。アメリカ国内の州法が合法な場合、一切問題になることはないのである。つまり、CBDオイルを購入した人間のみが処罰の対象となり、逮捕されるという結果である。CBD製品を購入する際は、必ず怪しい会社から購入することは絶対控えるべきである。
国内の個人販売や国内販売を装い、いざCBDオイルを購入したら海外から発送します!という店舗は、何度も言うが後々損をするのは誰かを考えることが賢明である。

自分の身は自分で守るためにも国内の正規輸入代理店から購入することをおすすめする。上記のようなトラブルは一切なく、何か問題があれば会社が責任を取ってくれる。日本でCBDオイルを安心・安全に摂取したいのであれば、正規輸入代理店のヘンプナビで購入することをお薦めする。

CBDオイルの安全な購入について

CBDオイルは世界各国で注目されており、CBDオイルのおかげで疾患が緩和されたり、完治したりするほど効果や効能があるサプリメントであることは事実である。医療品に匹敵する、むしろ医療品すら超越するくらいの効能もある。しかし、海外などで言われている医療大麻とは多少異なるため、過度な期待は禁物である。サプリメント6大栄養素などとは違い、奇跡も得られた人、効果を得られなかった人もいることを忘れてはいけない。

日本で評判のCBDオイル商品!一度試してみる価値あり

このCBDオイルであれば逮捕される心配もなく、誰でもCBDオイルの効果を体感できます!

CBDオイル ドロップス 300mg

ENDOCA社 CBDオイル ドロップス Cannabidiol(3%含有)
価格 5,565円 (税込)

CBDオイルカプセル CBD 300mg 含有

ENDOCA社 CBDオイルカプセル (CBD300mg含有)
価格 5,565円 (税込)

CBDオイル 3%濃度

HEMPTOUCH社 CBDオイル
価格 4,700円 (税込)

RSHO・CBD・アイソレート 990mg/1g(99%濃度)

HEMPMEDS社 RSHO・CBD・アイソレート 990mg/1g(99%濃度)
価格 9,800円 (税込)

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)