素晴らしいCBDオイルの効果&利点 トップ5

CBDとは何か?

CBDはカンナビジオールの略で、大麻属の植物に含まれる天然のカンナビノイドです。ヘンプと大麻は同じ大麻属に属しますが、この2つは異なるCBD含有量を持つ2つのはっきりと異なる(分類学的にではなく技術的に)植物です。

大麻はCBDと多くのTHCを含みます。THCは、人を中毒的なハイにさせ、強力な精神活性効果を持つため、ほとんどの州ならび諸外国で違法薬物とされています。

一方、産業ヘンプは非常に微量のTHCと多量のCBDを含みます。

症状を治療するためにTHCとCBDの複合効果を望む患者は、高濃度CBDの大麻株を選びますが、精神作用しないCBDだけを用いて治療したい患者は、高濃度CBDオイルを選びます。

おすすめの類似記事「CBDオイルとは?効果効能・使い方・違法性など…これで正しく理解できる」

2.素晴らしいCBDオイルの効果と利点

CBDはTHCと同じように多くの有益な薬効を持ちます。

薬としてのCBDとTHCに関する研究は始まったばかりですが、すでにCBDは以下の効果を持つという十分な証拠があります。

  • ・吐き気の軽減(化学療法を受ける患者に役立つ)
  • ・食欲増進
  • ・鎮痛
  • ・炎症軽減
  • ・ストレスおよび不安の緩和

また現在、がん、てんかん、多発性硬化症、ぜんそくにおけるCBDの効果について多くの研究が実施されていますが、これまでのところ最終的な結果は出ていません。腫瘍にカンナビジオールを注入されたマウスにおいては、CBDの抗がん効果が見られました。

CBDの健康上の利点に関する最新情報を得るために、最新研究をチェックしてください。

3.CBDが効果を表すまでにかかる時間

CBDは一般的に、摂取量、消費方法、ならびに対処したい症状によって、適正に作用するまでに数分から数時間かかります。

CBDオイルをヴェイプするのが、効果を表すまでの時間は最短の方法です。

CBDを舌下から摂取するのは、2番目に早い吸収手段で、数分以内に効果を感じられます。

CBDオイル製品を外用的に塗布することは、比較的ゆっくりで均一な吸収をもたらすので、長い時間をかけて肌を保湿し、CBDの効果を得られることを保証します。

CBDをそのまま食べる場合はより長い時間がかかり、その前にどれほど食べたか、最後の食事からどれくらい経ったかによって、20分から1時間かかります。より早く効果を得るには、空腹時にCBDオイルを飲食するのが最適です。

CBDオイルを食べ物や飲み物に混ぜた場合は効果を感じるまでにさらに時間がかかりますが、頭痛や不快などの副作用を感じることはありません。

効果の力は、摂取量や対処したい症状によって異なります。

他者がCBDの効果を感じるのにかかった時間に頼らないでください。

一人ひとりが違う人間なので、CBDオイルにも異なる反応を示します。どれだけ早く効くか、どれだけ強く作用するか知る唯一の方法は、自分で試してみることです。

忘れないでください。必ず少量から摂り始め、ゆっくり量を増やしてください。慢性的な疾患を持ち、投薬をしている場合は特に、CBDを摂り始める前に医師に相談してください。

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)

4.必要なCBD量

対処したい症状によって摂取すべきカンナビジオールの投与量は異なります。また、各個人がCBDに対して異なる反応を示します。一部の人は非常に敏感でごく少量のみを必要としますが、稀な事例ですが、大量に摂取しても全く効果を感じない人もいます。人はそれぞれ異なるので、自分で最適な量を見つける必要があります。

とは言え、最初に摂り始める時のCBD量を決めるのに役立つ平均的数値もあります。

摂取量はCBDのmgで測定されているのが最適です。各瓶によって濃度が異なるからです。

非常に少量(2〜3mg)からスタートし、推奨摂取量まで少しずつ増やしていくのが最も安全です。症状が出なくなったら、摂取量の増加を止めるべきです。症状が悪化した場合は、使用を止めるか、摂取量を減らしてください。

また深刻な健康問題がある場合は、医師に相談し、勧告を得ることをお勧めします。

5.高品質なCBDオイルを買える場所

ヘンプナビのような、第三者の研究所による検査を行い、また評判の高いCBDオイル製品のみを提供する、CBDのみの販売店にこだわるのが最も安全です。
日本で流通しているヘンプメッズ社に関しては原料調達から製品化するまでに3回も第三者機関の検査を実施しているという徹底ぶりです。ディキシー社も同様の検査過程を経ているとのこと。実はヘンプメッズ社とディキシー社の親会社は同じことが理由なようです。他にもヨーロッパ産のエンドカ社やヘンプタッチ社も国立大学での品質検査を実施していることからも安全なことが証明されています。

純度と品質のあるCBDオイルを生産するのは費用がかかるので、疑わしいほど安価なCBDオイル製品は摂取したくない物質を含む可能性があるため避けるべきです。

6.よくある質問

質問:CBDの効果とは何ですか?

答え:少量(1〜20mg)の場合、CBDはリラックス効果があり、鎮静させることなく、1日の緊張を和らげてくれます。より多い量(20mg以上)では、さらにリラックスした感覚になり、眠くなる可能性があります。人はそれぞれ反応が異なるので、少量ではじめてから摂取量を増やしていくと良いでしょう。

質問:CBDでハイになりますか?

答え:いいえ。CBDは元々精神作用しません。一部の人が“ハイ”と関連づけるようなリラックス効果を感じることはあるかもしれません。

質問:CBDで何に効きますか?

答え:CBDは身体と心を落ち着かせ、リラックスさせるのに使用される、大麻の非精神作用成分です。

質問:ヘンプシードオイルの用途は何ですか?

答え:ヘンプシードオイルは、ヘンプシードのみから生成されるコールドプレス・オイルです。ヘンプシードオイルにはカンナビノイドは含まれず、調理油として使用することができます。また健康的なオメガ-3&オメガ-6脂肪酸を非常に多く含みます。

質問:CBDヴェイプオイルって何ですか?

答え:CBDヴェイプオイルとは、大麻(ヘンプ、大麻両方)に含まれる非精神作用化合物であるカンナビジオール(CBD)を含むヴェポライザーオイルです。通常、身体や心を落ち着かせ、リラックスさせるのに使用されます。

質問:ヘンプシードオイルでハイになりますか?

答え:いいえ。ヘンプシードにTHCは含まれないので、ヘンプシードオイルまたはヘンプシードを食べてハイになることはありません。

質問:CBDオイルって何ですか?

答え:CBDオイルとは、大麻(ヘンプ)に含まれる非精神作用化合物であるカンナビジオール(CBD)を注入した食品です。CBDオイルは身体や心を落ち着かせ、リラックスさせるのに使用されます。

CBDオイルは様々な誤解を生みやすい商品ですが、人体に悪影響がないことは世界中の研究機関の報告でわかっています。海外では難治性の疾患にCBD成分が効果的であることが指摘されていたり、国によってはCBDオイルが処方薬と一環として用いられるケースなどもあります。

さらに節々の痛み、化学療法での嘔吐軽減、術後の食欲増進効果や炎症軽減、ストレスや不安症状の緩和ケアなど多くの効果を発揮することが期待されています。医療関係に従事している方などからも非常に注目を集めている成分こそカンナビジオールです。

CBDオイルは種類も豊富、濃度も異なるため、どのCBDオイルが選べばいいか迷ってしまいますよね?そんな問題を解決するため、各ジャンルに分けておすすめ商品を紹介していきます。

おすすめの類似記事「CBDオイルとは?効果効能・使い方・違法性など…これで正しく理解できる」

1.CBDオイルを初めて摂取される方におすすな商品

ヘンプタッチ社のCBDオイル 3%濃度

CBDオイル 3%濃度

10mlで300mgのCBDが含有されてお値段が4700円と国内最安値価格!これなら毎月負担がかからず続けることが可能です。
フルスペクトラムヘンプエキスを採用しているため、CBD以外のカンナビノイド成分も含まれているようです。

エンドカ社のロウCBDオイル 3%濃度

ロウCBDオイル ドロップス300mg

エンドカ社のCBDも10mlで300mgのCBDが含有されています。ロウCBDオイルの特徴は、CBDA成分とCBD成分合わせて成分が3%含有しています。
CBDAとは、カンナビジオール酸を意味し、ヘンプ植物の化合物は全て酸を含んでいるそうです。もぎたてのヘンプエキスがCBDA成分というわけです。

2.とにかく高濃度なCBDオイルを摂取したい方におすすな商品

ヘンプメッズ社のRSHO・ CBDオイル【スペシャル ブレンド】

RSHO・ CBDオイル【スペシャル ブレンド】 380mg/1g

2012年にメディカル・マリファナ社の子会社として創業。ヘンプメッズの名が特に知れ渡るようになったのは、疾患に苦しむ子供たちがそのCBDオイル製品を使用したことです。とりわけ脳性マヒの幼児が、ヘンプメッズ社のCBD製品によって病状が改善したことが、メディアで大きく取り上げられ、同社の知名度が上がるきっかけとなったのです。
また、もう一つのエポック・メイキングな出来事は、同社の看板商品であるRSHO・CBDオイルを、ブラジルのてんかん患者の幼児が摂取し、その効能が認知されたこと。この出来事は、多くの議論を呼びましたが、これをひとつの契機として、ブラジルを始め南米の国々で、医療の一環としてRSHO・CBDオイルが用いられるようになっています。

CBDオイルの中では最高濃度を誇る正に製薬グレード並みの商品です。1g中に380mgものCBD成分が含有されているから驚きです!
これでCBDの効果を得られない場合、CBDオイルの摂取を辞めた方が無難です。お値段は9800円(税込)だから試す価値は大アリ!!

3.継続して高濃度なCBDオイルを摂取したい方

ディキシー・ボタニカルズ社のCBDオイル・スティックス

ディクシー・ボタニカルズ CBDオイル・スティックス

15gで2250mgのCBDが含有されており、1日1g摂取した場合、150mgものCBDを摂取することができます。

信頼と実績のあるメディカルグレードなCBDオイルはこちら

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)
おすすめの類似記事「CBDオイルとは?効果効能・使い方・違法性など…これで正しく理解できる」