自分の力を知る:適切なCBDオイル製品の選び方

濃度別に自分にあった製品を選ぶことが大切

ヘンプメッズは一人前あたりさまざまな濃度のCBDオイル製品を提供していますが、自分のニーズに適した製品を選ぶことが大事です。以下のガイドは、あなたにとって理想的なヘンプメッズ製品を選ぶのに役立つでしょう。

一般的にまず低い濃縮液から始め、必要に応じてカンナビジオール濃度を上げることをオススメします。

CBD濃度別に効果をみてみよう!

低濃度CBD

ヘンプメッズのCBDオイル・チンキ剤は、サプリメントの手始めとして最も適切な手法です。ヘンプメッズ製品の中でも最も低価格な、1オンスのチンキ剤は最も低濃度のCBDを含んでいます。1オンスのチンキ剤の1分量あたりのCBDは1mgで、日々の日課に最小量のCBDを取り入れたいと考えている方に最適です。2オンスのチンキ剤ボトルの効果は2.5倍で、2オンス・ボトルあたり500mgのCBDが含まれています。

中程度の濃度

費用と効能のバランスを取りたいと考えているお客様には、我が社の3つの人気ブランド、RSHO、ディクシー・ボタニカルズ、シブデックスが、1カプセルあたり穏やかな25mgのCBDを含むCBDオイル・カプセルのシリーズを持っています。これら中程度の効能を持つカプセルは他の製品と同じCBDオイルを含んでおり、CBDサプリメントを持ち歩くのも簡単です。サプリメント・ボトルは旅行鞄やブリーフケースにも容易に入り、バスルームの薬棚にもオフィスの引き出しにも馴染むので、CBDオイル・サプリメントが手に届きやすいことを保証します。

ピュアRSHOのCBDオイルと同じ利点を持ちながらそれより少し効能が低いもう一つの中程度製品RSHO・CBDオイルは、1分量あたり31mgのCBDを含みます。RSHO・CBDオイルには、グリーン、ブルーおよびゴールド・ラベルがあり、主力製品RSHOと、健全なココナッツオイルおよび持続可能に供給されたパーム油から作られた中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)油を混合しています。RSHOピュア・CBDオイルと異なり、RSHOリキッドは冷蔵する必要がないので、どこでも必要な場所に保管できて便利です。

高濃度の効果

RSHOピュアCBDオイルは、ヘンプメッズ・ショップの中で最も高濃度のCBDを含み、分量ごとにカンナビノイド含有量を最大化するよう設計されています。 しかし、製造過程の違いが、RSHOグリーン、ブルー、ゴールド・ラベルそれぞれの効能の違いをもたらします。

グリーン・ラベルのCBDオイルは、オイル内のカンナビノイドが脱炭酸化されていないため他のオイルよりもCBDaを多く含み、一方でRSHOの中で最も低いCBD含有量である1分量あたり50mgのCBDを含みます。人気商品ブルー・ラベルRSHOはピュア・CBDオイルの効能の真ん中に入り、1分量あたり85mgのCBDを含みます。最後に、ろ過されたゴールド・ラベルRSHOは1分量あたり120mgのCBDを含み、含有量は我が社CBDオイル製品の中で最大です。

フレイバー付きのCBD製品も

ヘンプメッズは3種類のチンキ剤を販売しています。リアル・サイエンティフィック・CBDオイル、ディクシー・ボタニカルズ、およびサイブデックスです。ディクシー・ボタニカルズおよびサイブデックスはどちらも無味とフレイバー付きのものがあり、フレイバーには天然バニラ、すっきりペパーミント、スパイシーなスイートシナモンがあります。RSHOチンキ剤は無味のみです。

低濃度の製品リストには、ベストセラー商品のキャンチュウ・ガムが含まれます。ガム1個あたりたった10mgのCBDしか含まず、最初のCBDサプリメントとして簡単に取り入れられ、食事にさらにCBDを追加するにはもう1個ガムを噛めば良いだけです。これからCBDを取り入れ始めたい方にとって、キャンチュウ・ガムはシンプルにCBDを日常生活に加えられる方法です。

どうやってCBDオイルを摂取すべき?

ヘンプメッズは、さまざまなニーズに合わせてCBDオイル摂取方法を数多く提供しています。各種の吸収方法には、生体利用効率の増加、携帯しやすさ、フレイバーなど、それぞれの利点があります。

摂取

サプリメントの摂取法として最もよく知られている方法の一つは、カプセル形式で口から摂取して、 消化器系を経由した活性成分が肝臓で代謝される方法です。現在大半の人が毎日のビタミン剤やサプリメントを摂取している方法がこれです。ヘンプオイル・カプセルは口いっぱいの水で飲み込むことができ、CBDサプリメントを摂取する最も直感的な方法の一つを表します。

とはいえ、カプセルだけが摂取を通じて吸収される製品ではありません。RSHOヘンプオイル・リキッドも、ブレットプルーフコーヒーを含む幅広い種類の飲食物に混ぜることができ、オリジナルのCBD入り食品を作ることができます。

舌下

CBDオイルの舌下投与は、オイルを飲み込む前に最大90秒間舌の下に保つ摂取方法です。これにより、製品に含まれる活性成分が口の粘膜から吸収され、消化器系や肝臓による代謝を回避して非常に早く血流に入り、エンドカンナビノイドシステムと相互作用するのを可能にします。

ディキシー・ボタニカルズ・デュー・ドロップス・チンキ剤、RSHOピュア・ヘンプオイル、RSHO・MCTオイル・リキッドなどの製品はこの適用方法に役立ちます。これらの製品は飲み込む前に簡単に口内にとどめることができるので、活性成分が口内の毛細血管から吸収される時間を十分与えます。

CBDオイルの舌下投与は、ヘンプメッズ設立当初からその効果と使用しやすさでヘンプメッズのお客様の間で人気です。

外用

最後に、一部のCBDオイル製品は皮膚に塗布して使用できます。これらのタイプの製品は外用品と呼ばれ、ローションや軟膏などの製品がこれに含まれます。皮膚に塗布すると、活性成分が皮膚に吸収され、血流に入ることなく表皮近くの細胞と効果を表します。このおかげで、カンナビノイドが体内を巡るのを待つことなく、外用品による効果を必要とされるエリアに集中させることができます。ディキシー・ボタニカルズのサルベーション・ヘンプオイル軟膏は、肌のトラブルが起こっている部分に揉み込んだり、筋肉や関節に塗ってマッサージしたりできます。

またヘンプメッズは、髪や肌に局所的にCBDの有用性を提供するヘンプオイル入りバス&ビューティー製品も提供しています。サイバダームのボディウォッシュ、シャンプー、コンディショナー、保湿ローションは、毎日のシャワータイムにCBDの力を取り入れてくれます。シャワーの後は、カンナビス・ビューティー・ディファインのアンチエイジング・スキンケア製品シリーズを使って、環境への露出による日々のダメージから肌を守り、滋養を与えることが可能となります。

なぜヘンプメッズのCBDオイルがおすすめなのか

今、私たちはこれまで以上にCBD源を慎重に選ぶことが重要です。ではなぜヘンプメッズからCBDオイルを買うべきなのでしょうか?ヘンプメッズは、可能な限り最も信頼できるCBDオイル製品を提供しながら、並外れた顧客満足体験を作り上げることに焦点を当てています。南米などの国でもお薬として処方されている製品であり、そのような実績のあるCBDオイル会社や製品はメンプメッズ社以外ないのが現状です。

ヘンプメッズは2012年に初めて市販のカンナビジオール製品を生産して、CBDオイル市場を立ち上げました。ヘンプメッズは、輸入したヘンプを使用してCBDサプリメントを製造した初めての企業で、これによりCBDオイルを初めて合法的に購入できるようになったのです。

ヘンプメッズはCBDオイル市場に飛び込んだ初めての企業では飽き足らず、業界トップであるために努力し続けています。私たちの目的の重要な部分は、お客様にとって信頼できるCBD源になることです。世界中から数万人のお客様がヘンプメッズのCBDオイル製品を購入し、自分や家族に適用できるとして信頼してくれるようになりました。ヘンプメッズCBDオイルは非精神活性で安全に栽培・抽出されているので、家族全員が毎日安全に使用できます。私たちはさらにお客様の家族を守るため、CBDオイル製品に厳正な3度の研究所検査基準を課しています。

ヘンプメッズのCBDオイル製品はアメリカ・サンディエゴで製造されており、全50州ならびに40ヶ国以上で購入可能な世界NO1企業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)