CBDが減量にも効果を発揮?~肥満とCBD~

どうも~。食欲の秋とはまさに今!なわけですが、秋たけなわを過ぎて、次にやってくるのが飲み会シーズンですね。ますます食べて飲んで肥える、を繰り返すばかりの魔のシーズン到来です。
あんまり扱ったことがなかったテーマですが、「CBDと減量」というサブジェクトを動画でちらほら見るようになりました。これは聞き捨てなりません。

肥満にも効く!

今回ご紹介するのはこちらの動画です。
『減量にカンナビジオール(CBD)』

大麻草やヘンプのある品種に含有されているのがカンナビジオール(CBD)です。
多くの医療的効能がありますが、あまり知られていないことがあります。CBDが肥満や身体についた脂肪の軽減にも用いられるということです。

世界中の男女ともに蔓延しているのが、肥満。

それは良くない食習慣や、食べ物に含まれる化学添加物やホルモンにより、脂肪をため込みやすくしているのです。正しい食習慣やエクササイズが、この生活習慣病との闘いをサポートしてくれます。

よりシビアなケースには、ある化合物が、「白い脂肪」を「茶色い脂肪」へと変えてくれるということが分かっています。これはつまり、身体の脂肪が燃焼しやすくなり、体重が減りやすくなるということです。

この化合物こそ、カンナビジオールなのです。

多くの方が、不安症や癲癇、うつ、糖尿病、精神障害、多発性硬化症、疼痛、癌などにCBDを使っています。

しかし現在では、自然由来のカンナビジオールが肥満にも効果をあらわし、しかも副作用もありません。

カンナビジオールにはいろいろな使い道があるのですね。

オイルでも、サプリでも、ベイプでも、そして外用でも。
フルスペクトラムや分離された状態でお使いいただけます。

肥満に最適なのは、サプリとして経口摂取することで、カプセルタイプなら手軽に高用量を、お目覚め後やお休み前に飲むだけです。

脂肪が燃えやすくなるらしい

・・・ということで、カンナビジオールは脂肪を燃えやすくしてくれるようです。

ご紹介した動画の中に「白い脂肪」と「茶色い脂肪」という表現がありました。
これは、人間の脂肪組織の種類のことらしく、

★白い脂肪:白色脂肪組織
★茶色い脂肪:褐色脂肪組織

のふたつに分けられるそう。この茶色い脂肪組織が、脂肪を燃焼し、体重を減らす役目をするそうです。

CBDオイルを摂って、常に脂肪が燃えやすい体づくりをしていきたいものですね。

減量を目指すなら、毎日続けられるCBDオイルを。
動画で説明されているように、カプセルなら手軽です!

CBDオイルカプセル CBD 300mg 含有