ABOUT

メディカルカンナビスプロジェクトについて

当サイトでは大麻草植物にフォーカスし、海外を中心とした最新の情報を日々配信することを目的としています。

日本の大麻取締法は、大麻の医療研究や医療目的での使用を禁じていますが、その前提は、「大麻の使用は極めて危険である」ことと「大麻に医療用途が無い」ということを根拠にしています。

しかし、世界を見渡すと「大麻に医療用途がある」ということは、医学の領域ではすでに常識になっています。

多くの難病を含めた病気の治療に役立ちことが世界中で明らかになっています。

大麻に含まれるカンナビノイド成分は、私たちの神経系や免疫系などに広く分布されている受容体に結合することで、様々な体内機能に重要な役割を果たしています。

海外では医療大麻の使用によって多くの患者さんが恩恵を受けていることが何よりの証拠です。

日本では「大麻は精神作用がある」とか「医療用途がない、副作用がある」というような医学的な根拠に基づかない浅はかな問題定義を未だにしています。

一刻も早く日本でも医療大麻に関する研究検証をするべきだと考えています。

そして何より「大切なこと」。それは化学に基づくエビデンスが法によって犯されてはいけないということです。

日本人がタブー視する大麻草という植物は、私たちにとって本当に悪なのかを考えるきかっけになればと願っています。