投与量の参考に!CBDの摂取量を決めるためのアドバイス

各CBDオイルブランドによって、おすすめ摂取量が異なります。どれくらいCBDオイルを摂取したらいいか分からない人に向けの記事で、るおすすめのCBD摂取量を掲載しています。

この記事では睡眠障害、がん、慢性痛、てんかんなど特定の疾患の患者のための推奨投与量が分かります。

カンナビジオールの摂取方法は多種多様

医療大麻を合法化する州が増えているにもかかわらず、多くの医師はどれだけの量を処方すればよいか分からないため、今でもカンナビノイドを処方したがりません。

結局のところ、医大の大半では薬理学コースでCBD、カンナビジオールを取り上げていないのです。医学者はまさに今、医療大麻、CBDを含む医療ヘンプおよびその抽出物に関して服薬スケジュールを開発中なのです。

CBDが豊富なCBDオイルはさまざまな濃縮物および形態で入手できます。それは、液体CBDオイルから半固形ペースト状のもの、錠剤、舌下チンキ薬またはスプレー、外用クリーム、飴やグミなどの食品、電子タバコに似たヴェポライザーCBD蒸気器具などさまざまです。

誰もが異なる段階にいて、CBDの投与量にそれぞれ異なる反応をするというのが事実です。各個人によってCBDの投与量または分量は異なるので、最初は少量から初めて、望ましい結果を得られるまで少しずつ増やしていくのがよいでしょう。

おすすめのCBD摂取量

CBDオイルのブランドはそれぞれ異なる基準を持つために消費者を大きく混乱させています。その多くは多すぎる“分量”を勧め、その他の製品は少なすぎます。各製品に対するレビューのなかでこのように基準が欠けているため、弊社サイトmedical-cannabis-project.jpは分かりやすくするためにMEP分量基準を設けました。

medical-cannabis-project.jp(MEP)分量基準は、1日2回、25mgずつ摂取することです。

また症状が緩和されるまで、3〜4週間おきに25mgずつ投与量を増やすことを推奨します。症状が悪化した際は、CBD量を減らしましょう。

1回の投与につき1mgから数百mgまで、濃縮率は調合によって異なります。これによって消費者は、使用しやすいやり方で必要な量を得やすくなります。

CBD投与量

科学的研究、出版物、従来の使用法または専門家の意見に基づいたCBD投与量を提案しています。カンナビノイドの投与量および治療期間は病気によって大きく異なります。

がん患者の食欲増進:THC25mgの経口投与を6週間。CBD1mgはあってもなくてもよし。

慢性痛の治療:CBD2.5〜20mgの経口投与を約25日間。

てんかん治療:CBD200〜300mgの経口投与を毎日、最大4、5ヶ月間。

ハンチントン病に関連する動作障害の治療:1kgあたりCBD10mgの経口投与を毎日、6週間。

睡眠障害の治療:CBD40〜160mgを経口投与。

多発性硬化症の症状の緩和:THCとCBDの組み合わせを2.5〜120mg含む大麻全草抽出物を毎日、2〜15週間にわたって経口投与。経口スプレーはTHCを2.7mg、CBDを2.5mg含む可能性があるので、2.5〜120mgを最大8週間。通常、患者は3時間で8つのスプレーを使用し、24時間で最大48回のスプレーを使用します。

統合失調症の治療:CBD40〜1,280mgの経口投与を毎日、最大4週間。

緑内障の治療:CBDを単体で20〜40mg舌下に投与。40mg以上の投与量は眼圧を上げる可能性があります。

大麻製品に関する主要な総合検査研究所であるCannLabs研究所によると、CBDの致死量は確立されていません。消費者は適切な量のCBDを摂取しているか確認するために製品の説明書をよく読み、また質問や懸念がある場合は処方した医師に相談するべきでしょう。

CBDオイルの使い方-CBDオイルの摂り方

最も一般的なCBDの摂取方法は濃縮されたペーストまたは液体、チンキ薬を経口摂取するやり方です。CBDオイルを摂取するときは、飲み込む前にまず 口内で吸収されるように舌下に垂らします。摂取されたCBDの一部は消化器官で分解されてしまうので、この舌下吸収が重要です。

他の経口手段には、錠剤、口内スプレー、チョコレートバーなどの食品があります。また多くの人が、蒸気器具または吸引器具を通じてヴェポライザー補充CBDオイル、またはCBDリキッドを使用しています。この方法はほぼ即効性のある配分方法で、かなり効果的であるからです。

他には、ローション、バーム、クリーム、パッチなどを利用して、肌を通じてCBDオイルを吸収する方法があります。CBDオイルの摂取方法はたくさんありますが、最も大切なのはいくつか異なるアプローチを試して、何が効くか確かめることです。何度も言いますが、人の体はそれぞれ異なるということを留意してください。

1日CBD成分をCBD300mg摂取したい方は製薬グレードのCBDオイル製品がおすすめ!

RSHO・CBDオイル【スペシャル ブレンド 】 ロウゴールデンCBDオイル3000mg CBD+CBDa (30%)

1日CBD成分をCBD200mg摂取したい方向けにはエンドカ社のCBDオイル

CBDオイル2000mg CBD(20%) エンドカ社 ロウCBDオイル2000mg CBD+CBDa(20%)

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)
出典:cbdoilreview