CBDオイルを最先端にしたベイプ業界の3つのポイント

大麻摂取の目的は精神活性化だけではない

これと似た体験をしていたら教えてください。私は友達とディナーに行って、初めてヴェポライザーを吸っている人にでくわしました。テラス席の隣のテーブルに誰かがヴェポライザーを置いていて、それに付随した栓付きの小さな箱が私の目を引きました。それから彼らは煙を吐き、分厚い煙を口から吐き出しました。

これは数年前のことで、私はそれからその小道具のことを忘れました。しかし今やヴェポライザーは大きな産業となり、全国でますます発展しています。急速な成長により、ヴェポライザー産業は間違いから素早く学び、それに応じて適応してきました。よく観察してみれば、大麻業界の一部がヴェポライザー事業から影響を受けているのは明らかです。

大麻摂取の目的は精神活性化のためだけではありません。

慢性痛やてんかんの治療に有効であるCBD

大麻で最もよく知られているのは、大麻に関連する恍惚的な“精神活性化”の原因であるカンナビノイド、すなわちテトラヒドロカンナビノール(THC)です。次に広く認知されているカンナビノイドはカンナビジオール(CBD)で、これは人をハイにさせません。代わりにCBDは鎮静効果があり、証言的な証拠が慢性痛やてんかんの治療に有効であることを示唆しています。

CBDオイル市場は近年かなり成長しています。THCとは別であるにもかかわらず、DEAは昨年、連邦政府としては大麻抽出液をスケジュールI薬物であると指定しました。16の州でCBDのみの法案が可決されましたが、この問題ははっきりとしていないままであるため、市場が未規制である原因となっています。

ヴェポライザーで重視される3つのポイント

・フレイバーに焦点を置く

ヴェポライザーの煙を嗅ぐことがあるでしょう。その香りはたいてい甘かったり、ミント風だったり、いくつかのフレイバーが組み合わさったりしています。最もタブー視されない側面を強調することによって、警戒しながらも関心を持つ人に対する過程を和らげます。多くの店舗は、eリキッドの新フレイバーお試しとしてサンプルパックを販売しています。SXSWにいたとき、私はライフスタイルCBD製品を売っている行商人に出会いました。彼らは皆、その味や興味深いフレイバーの組み合わせを強調していました。

・自己規制

大麻市場の大半と同様に、行商人および製造者はその製品の高品質を維持しています。政府によるなんらかの形の監督は存在しますが、これらの製品の製造・販売に関わる者はほとんど、顧客のために適正なプロトコルを保証するために必要なことを全て自分たちでやらなければなりません。

・適切なプロモーション

多くの人々が、プロジェクトCBDのように、CBDオイルが持つ数多くの健康的利点を支援し、その認知を高めるために活動しています。ビー・ディライトフルの創設者スカイラー・ジョンストンは、自社のCBDを注入した蜂蜜について話す際、彼が体験した鎮痛効果について繰り返しました。ジョンストンは医療専門家ではなかったため、この蜂蜜を絶対的な解決策として処方しないでしょう。

業界を見渡せば、どこに似たようなものです。スネークオイルを売るセールスマンが、その素晴らしい健康的効果を約束するなんて聞いたことはないはずです。その代わりに彼らは、その製品が提供できるものに関する証言を数多く紹介するでしょう。そうやって彼らは市場の信頼を獲得し、拡大し続けるのです。

ヴェポライザー購入はヘンプタッチのヤフーショッピングサイトに購入できます!

出典:thefreshtoast

CBDオイル 総代理店通販販売サイト|ヘンプナビ(hempnavi)