CBDオイルは癌にも効く!実際に乳がん治療で効果はバツグンだった!

乳がんはアメリカ人女性にとって皮膚がんの次に多く発症するがんです。8人に1人ものの人に一生の間に影響を与えます。研究室者たちは、CBDは浸潤性乳がんの進行を抑えられる証拠を発見しました。

今回、集められたコンテンツはCBDが乳がん治療において助けとなる役割を果たせる証拠を示しています。CBDオイルが癌治療に効果的であることを、乳がん治療を例に挙げて見ていきましょう。

一度乳がんが発見され、診断されると、次にがん性腫瘍が広がるのを防ぐ努力がなされます。もし胸よりも広がり、リンパ節まで達すると、がんは進行したと見なされます。脳、肝臓や肺等まで達しても、がんは進行したと見なされます。従来続けられている治療法は、毒性や獲得耐性のために限りがあると考えられており、新薬が必要とされています。 

2012年にマドリッドで行われた研究は、CBDとその派生物は抗浸潤、抗転移、抗増殖作用を引き出し、すなわち腫瘍が縮小された結果がん細胞自身の消滅をもたらすという発見をしました。体内の健康な細胞を損傷することなく腫瘍の拡大は止まります。

最も侵襲性の強い乳がんは‘トリプルネガティブ’としても知られています。この種類のがんの中の細胞は腫瘍増殖の進行や腫瘍の発達の原因となるID-1を多く含むと知られています。CBD酸(CBDA)は浸潤性乳がん細胞を下方制御する能力があり、すなわちがん細胞の成長を弱めます。

CBDは癌治療を補うことができる

多くの人々は初めて乳がんになる時、CBDのことを知らないので従来の治療法を用いるでしょう。がんの部位やどの程度がんが進行しているかによって治療法は異なります。主要ながん治療は、手術、放射線療法、化学療法、免疫療法、ホルモン療法や標的療法です。

これらの全ての治療法は副作用がありますが、幸運にもCBDは大半の副作用によって損傷した細胞を治療することができます。化学療法使用には多くの副作用があり、その内の1つはCBDが抑えることができる予期性悪心(吐き気)です。また、日本では禁止薬物のTHCは暫定的な拒絶反応や化学療法に誘発される吐き気を軽減することにとても効果があることが判明しました。海外で医療大麻が認められはじめている理由の一つでもあります。

従来の治療を受けた後に患者が経験する神経障害痛は痛みに耐えられない人もいますが、大麻はその痛みを大幅に軽減することができます。ある研究では、難治性の痛みをオピオイド薬で治療しようと試みて効かなかったがん患者が、THCとCBDの組み合わせをわずか2週間摂取した後に痛みの軽減においてとても喜ばしい結果を認めました。

カンナビノイド系治療と従来のがん治療の組み合わせは相乗作用が非常に良いので、単体使用よりもむしろ組み合わせて使用した時に、がん患者にとってより強い結果を出すことを研究は示しています。研究者の多くは、どの患者群がカンナビノイド系治療に最も適しているかを理解するためにより多くの臨床試験と研究が必要だと信じており、その後に臨床段階で使用する前にどのカンナビノイドが治療薬として特に適しているかを判断する予定です。これらの臨床試験が終わるまでは、カンナビノイドの治癒特性を示す証拠は非常に確かなものですが、乳がんのためにカンナビノイド系治療法が処方される可能性は非常に少ないです。

CBDは乳がん細胞の進行を抑える

CBDは、他の植物や製薬剤とは異なり最も侵襲性の強い乳がんとして知られている‘トリプルネガティブ’ におけるがん移転の原因となる遺伝子を、全く副作用を引き起こさずにオフにすることが分かっています。

イスラエルで行われた研究は、CBDは正常でない細胞を取り除き、体内の分解プロセスをサポ-トすることによって乳がん細胞の成長を防ぐ証拠を示しました。研究者たちはがんに侵されている細胞がCBDオイルに触れた時、細胞は健康な、正常な状態に戻ることを発見しました。さらに、彼らは大麻草の別のカンナビノイド(CBD酸)は乳がん細胞の転移を止めることも発見しました。 

自身の疾患を治療するためにCBDを使用する多くの人々は、一度CBDについて完全に知識を得ると通常この治療法をより受け入れるようになります。重大な副作用はなく、発生しても軽い副作用です。CBDは完全に天然由来で、他の治療法に用いられる多くの薬のようには体内を全く損傷せず、過剰摂取になる可能性も全くありません。

製薬剤や化学療法のようながん腫瘍を治療するために今日用いられる多くの他の療法は、患者が責任も持って気を付けないと過剰摂取になる可能性があります。CBDはID-1を下げ、乳がん細胞の成長を抑えます。オイルは痛みやうずきを含むがんの症状にとって非常に有効的な治療法です。抗腫瘍がん特性や疼痛軽減のおかげで、全ての過程が多くの女性にとってより少ない痛みで耐えられるものになるのです。

多くの研究は、カンナビノイド受容体が乳がんを含む多くのがん腫瘍細胞で過剰発現することを示しています。このことによりエンドカンナビノイドシステムはがんと戦う本質的な生物学的取り組みにおいて上方調整される可能性があります。一度カンナビノイドが受容体と結合すると、がん細胞の増殖を最低限に抑え、‘アポ-トシス’と呼ばれるがん細胞の死によって細胞の成長を防ぎます。カンナビノイドは血管形成(がん腫瘍細胞によって引き起こされる局部の血流の上昇)や転移(がんが他の臓器に移転すること)を弱めることを証明しています。

結論として、乳がんに掛かったら、最も賢明なことは最も痛みが少なく、最も無害で、非常に効果的で、この恐ろしい病気を治療するのに最も簡単な方法であるCBDオイルや他の製品について調べることです。従来の治療法と比較すると、この魔法のようなオイルは体にとってマイナスなことは全くなく、ほとんどの患者が気分よく感じる上により体に良いです。もし、CBDオイルの好ましい効果を感じなければ、異なった投与量や異なった摂取方法を試してください。

今回は、乳がん治療を例に挙げご説明しましたが、CBDオイルが効果的なのは乳がんに限ったことではなく、がん全般に効果的と言えるでしょう。

CBD38%と高濃度のCBDオイルで癌治療をサポート!
RSHO・CBDオイル【スペシャル ブレンド 】3800mg/10g
RSHO・CBDオイル【スペシャル ブレンド 】

生活に取り入れやすいカプセルタイプのCBDオイルならこれ!
ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg
ロウCBDオイルカプセル (CBD+CBDa)300mg

出典:HealthWorksCollective